傾斜地住宅の問題点

擁壁工事・造成工事が高くつくのでは?

傾斜地に住宅を建てる場合、一般的なハウスメーカーであればまず、擁壁を造ります。
そこに盛土をして平坦にならします。
その上にごく一般的な家を建てるという場合が多いようです。
 
この場合、造成工事はとても高くついてしまいます。
 
傾斜地自体はなかなか売れにくいため割安な価格で買える場合が多いです。
しかし上記のような造成工事を行った場合、土地が安く買えた以上に造成費用がかかってしまう場合もあります。
決してお得とは言えません。
 
建築家が傾斜地の住宅を建てる場合、できるだけ傾斜地を傾斜地のままにします。
造成工事を最低限に抑えて設計することが多いので造成工事にかかる費用が少なくなります。
 
傾斜地に家を建てようと考えている方はぜひ、建築家に依頼することをオススメします。

・傾斜地の擁壁・造成工事費を削減する方法
・高低差のある土地の建築費用を削減する方法


地震に弱いのでは・・

上記のハウスメーカーのように擁壁を作って盛土を行った場合、地盤は弱くなります。
 
その上に普通に家を建てた場合、極端に地震に弱い家になってしまう恐れがあります。
 
地盤が弱くなっている場合は杭などを打つことも出来ます
しかし、それにも費用がかかってしまうのでますます高くなってしまいます。
 
設計事務所の場合、そういうことも考慮してできるだけ現状の地盤を生かしたままで設計を行います。
 
もちろん、元々の地盤が弱い場合には杭や地盤改良による補強が必要になります。
元々の地盤が強固な場合は杭工事などの必要もなくそのぶんのコストも省くことができます。
 
結果的に建築家に依頼したほうが安くつく場合も多いのです。


がけ条例で家が建たなくて悩んでいる

傾斜地に家を建てる場合、がけ条例という法律によって建築を制限される可能性が出てくることがあります。
 
がけ条例という法律は各地域によって微妙に違っています。
 
福岡県の場合は、大ざっぱに言うと
・傾斜角が30度を超え、高さが3mを超えるものを崖という
・建物を建てる場合には、崖の高さの2倍以上離れていなければならない
のような決まりがあります。
 
敷地の近くに崖があると上記の決まりをそのまま当てはめると
建物が建たない・・・
擁壁を作らざるを得ない・・・
ということもよくあります。
 
ただし、上記の条例にはいろいろな緩和条件があります。
それを上手に利用すると普通に家も建つ場合もあります。
必ずしも擁壁を作らなくてもよくなる場合があります。
 
がけ条例で家が建たない・・
と悩んでいる方はぜひ、建築家に相談してみてください。
 
また、これから傾斜地を購入しようと思っている方はぜひ、建築家に相談してから土地を購入することをオススメします。
 
がけ条例でお困りのあなたへ
 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区