前庭と中庭のある二世帯のための都市型住宅

●設計事例の所在地: 
東京都練馬区
●面積(坪): 
207㎡(63坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

敷地は広いのですが、隣家とアパートがかなり密接に建て込んでおり、外部に向かって開放しにくい周辺環境でした。三世代二世帯住宅ということもあって、広々としたパティオ(中庭)を設け、上下階のすべての部屋が中庭に面して、どこにいても家族の気配が感じられる、程良い距離感を作ることができました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

・広い敷地を将来分割できるように、道路側に空地を残して、畑として使いたい。
・二世帯の住宅は各々独立した玄関が欲しいが、親世帯の気配が感じられるようにもしたい。
・隣家とのプライバシーの問題を植栽を植えることで解決したい。
・リビングに小上がりの畳のスペースが欲しい。
・キッチンはオープンキッチンで広々と。
といったご希望がありました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

広々としたパティオの中央にシンボルツリーを植え、それを挟むように2階の左右のウィングに大きなルーフバルコニーを設けて、グリーンのプランターを並べたプランの模型をご覧になって、大変満足されたようでした。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

三世代二世帯の家族が中庭を介して、独立したスペースを持ちながら、お互いに動きと視線が感じられるような部屋の配置としました。また下階の日照と通風も考えて、2階の部屋は北側に寄せて、各ウィング共、南側に大きなルーフバルコニーを設け、緑を楽しむと同時に隣家とのカモフラージュともしました。

依頼者の声: 

「二世帯の玄関が独立しているので、お互いに気を使わなくて済むので、楽・・」
「パティオを通して、母親の動きが垣間見えるので、安心感があります。」
「天気の良い日はパティオで食事をしたりしても、プライバシーが保てるので楽しい。」
「小上がりの畳コーナーがあるので、ゴロゴロ出来て、とても楽ちん」
「オープンキッチンなので、部屋中が見渡せて安心します。」
「家の中のどこにいてもグリーンが目に入るので嬉しい。」
といった声をお聞きしました。

その他の画像: 

子世帯の広々としたリビングダイニング。小上がりの畳コーナーはゴロゴロするのに実に重宝なスペースとなってます。

畳コーナーからパティオを通して、母世帯の部屋が垣間見える距離にあります。

畳コーナーからダイニングテーブル越しに、ゆったりと広いオープンキッチンが見えています。

キッチンから部屋中が見渡せてとても便利。パティオ越しに母世帯の部屋の様子も伺えるので、安心感があります。

子世帯の広々とした玄関ホール。パティオに面して、シンボルツリーが見えてます。壁には奥様のコレクションのお皿が毎年1枚づつ増えています。

パティオを見下ろす2階には、大きなルーフバルコニーがあり、グリーンで溢れています。

設計者

ユーザー (株)タイム計画研究所 石井 勉 の写真
オフライン
Last seen: 5日 17時間 前
登録日: 2012-07-24 10:26

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言