煙突効果を利用した換気

ユーザー 石井設計事務所/Ishii Design Office 石井 保 の写真

この平屋建て住宅は各部屋をまとめて配置する必要があったため、建物の中央部分で北面に風を抜くための開口部が設けられないプランになっています。
しかし平面的に窓ができない場合でも、屋根裏の空間を利用し部屋の一部を吹抜けにすることによって、天井の上部に高窓を設けられるように計画しています。

この開口部によって、南北の通風による換気だけでなく、空気の温度差による煙突効果も考慮した設計事例です。