安い土地に住みやすい家を建てる方法

土地

いい土地がすぐに売り切れてしまう理由

 
当サイトでは土地探し中の方からの相談や依頼がたくさん寄せられます。
土地探し中の方は下記のようなお悩みを抱えている方が多いようです。
 
・いい土地が見つからない
・見つかったけど条件が悪い
・いい土地はすぐに売り切れてしまう
・不動産サイトを見てもなかなか条件の良い土地はない
 
どうして条件のいい土地はすぐに売り切れてしまうのでしょうか?
なぜなら条件のいい土地は不動産サイトなどに掲載する前に、自社の知っている建売業者・ハウスメーカーなどに声をかけて仲介してしまうからです。
 
できるだけ高く土地を売るためにはレインズやインターネットの不動産サイトに登録してできるだけ多くの方に土地情報を知ってもらったほうがいいのですが、自社の利益を最大化するためにそうすることはありません。
 
まずはレインズ・片手仲介・両手仲介・元付業者・客付業者・囲い込みという用語について説明します。
 

レインズとは

 
レインズとは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称です。
国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータ・ネットワーク・システムの名称です。
指定流通機構の会員不動産会社が不動産情報を受け取ったり情報提供を行うシステムで、会員間での情報交換がリアルタイムで行われています。
 
不動産業者は売主と専任媒介契約、専属専任媒介契約を結んだ場合、レインズというシステムに5~7日以内に登録する義務が生じます。
 

元付け業者・客付け業者

 
元付け業者とは不動産の売主と契約している不動産業者のことです。
元付業者に対して買主を紹介する不動産会社のことを言います。
 

片手仲介・両手仲介とは?

 
売主または買主だけから仲介手数料をもらうことを片手仲介と言います。
両手仲介とは売主からも買主からも仲介手数料をもらうことです。
不動産の仲介手数料はもらえる仲介手数料の上限が法律で定められています。利益を最大化するためにはできるだけ両手仲介することが大切なのです。
 

囲い込みとは?

 
元付業者はできればレインズやインターネットやレインズに登録する前に自社で知り合いの業者に売ってしまえば両手仲介になって儲かる仕組みになっています。
 
そこでできるだけレインズや不動産サイトに登録する前に自社で知り合いの建売業者・ハウスメーカーに売ろうとします。
もし、そこで売れない場合はレインズやインターネット上の不動産サイトに登録する必要がでてきます。
 
レインズやインターネット上の不動産サイトに登録すると客付業者からの問い合わせがある場合があります。
客付業者からの問い合わせには「その土地はすでに商談に入っています」などの理由をつけて問い合わせを受けつけません。
しかし、客付業者を通さず直接、自社に問い合わせてきた買主には問い合わせに応じて商談に入るのです。
両手仲介をするために客付業者からの問い合わせに応じない事を「囲い込み」と呼んでいます。
 

条件のいい土地は武器である

 
建売業者やハウスメーカーにとって条件のいい土地は自社の建物を売るための強力な武器になります。
建売業者やハウスメーカーは建て売り住宅にしたり、建築条件をつけたりして土地と建物をセットにして売り出します。
どうしてもその土地が欲しい場合は、建売業者やハウスメーカーの建物が若干、気に入らない場合でもセットで買わざるを得ません。
 
土地にこだわっていると、気に入らない家に住まざるを得なくなる場合もあります。
そこで当サイトでは発想を転換して、あえて悪条件の安い土地での家作りを検討してみることをおススメしています。 
 

悪条件の安い土地でも工夫次第で住みやすい家

 
当サイトには多くの会員建築家が建てた設計事例が掲載されています。
私は、それを見ていて建築家の建てた家には悪条件の土地が多い事に気づきました。
悪条件の土地に普通に家を建ててしまうと住みにくかったり、暗かったり、不便な家になりがちです
しかし、建築家の建てた家は悪条件を克服する建築家の工夫が施されています。
様々な工夫で住みやすい家になっている事例をたくさん見つけました。
 
悪条件ということはネガティブなイメージを持たれてしまいますが、悪条件=安いということでもあります。
悪条件ということを逆手に取って、住みやすい家を建てることは可能です。
このコーナーでは建築家を上手に利用することで、安い土地に住みやすい家を建てる方法を解説していきたいと思っています。
 
なかには「建築家なんてどう探せばいいのかわからない」という方もいるかもしれません。
そんな方でも当サイトの建築家依頼サービスを利用することで、相性のいい建築家を見つけることができます。
 
また、「建築家に依頼すると設計料がかかって高くなってしまう」と心配している方もいると思います。
設計料がかかっても、それ以上に土地・建物が安くなる可能性もあります。
ぜひ、建築家に設計を依頼することも選択肢のひとつに入れてください。
 
次のページでは安い土地で建築費用がかかる理由について書いていきます。
 

メルマガ・建築家紹介センター通信

家作りに役立つ情報をお送りします。ぜひご登録ください。