がけ条例でお困りのあなたへ


 

がけ条例でお困りのあなたへ

 
 
あなたは下記のようなことでお困りではありませんか? 
 
・がけ条例にかかる土地で建て替えたい 
・がけ条例にかかる土地で新築したい 
・がけ条例で擁壁が必要と言われて予算オーバーしている 
・がけ条例で必要な距離を離すと敷地に建物がおさまらない 
・とにかくがけ条例で困っている

 
がけ条例でお困りのかたはぜひ下記をお読みください。 
問題が解決する可能性があります。 

 

がけ条例とは?

 
 
がけ条例とは崖の付近に家を建てる際に、崖が崩れた場合のことを想定して 
崖から一定の距離を離しなさいという主旨の条例です。 
 
条例なので地域によって微妙に条文や細かい数字・緩和規定などが違いますので 
詳しいことはお近くの建築家に聞いてみることをオススメします。 

各都道府県のがけ条例の一覧はこちら
 
ここでは千葉県のがけ条例を例にして説明いたします。 

 

がけとは(千葉県の場合)

 

千葉県 がけ条例

「がけ(地表面が水平面に対し30度を超える角度をなす硬岩盤(風化の著しいものを除く。)以外の土地で高さ2メートルを超えるもの」 
 
条文だとわかりにくいですが 
・傾斜角30度を超えている 
・高低差が2mを超えている 
場合はがけに該当します。 
 
当然ですが、基準通りに作られたコンクリートの擁壁は崖ではありません。 
しかし、古い石積みやブロック造の擁壁などは崖と同じ扱いになります。 
 

  

がけ付近の建築制限(千葉県の場合)

 
 

千葉県 がけ条例

居室のある建築物を建てる場合は崖から下記の距離を離す必要があります。 
 
崖の上に建てる場合:崖の下端から崖の高さの1.5倍以上 
崖の下に建てる場合:崖の上端から崖の高さの2倍以上 
 
 

 

がけ条例で家が建たずに困っている方も・・・

 
 
崖に面した敷地の場合、崖から上記の距離を離した場合、敷地からはみ出してしまうこともあります。 
 
かと言って、擁壁を作るとしたらそれだけで数百万円の費用がかかってしまう場合もあります。 
 
結局、崖条例が原因で家を建てることができなくなってしまう方もいます。 
 

 

緩和規定を上手に利用して建てた例も・・・

 
 
しかし、崖条例には何らかの緩和規定が決められている場合が多いのです。 
緩和規定については地域によって違いますので、こちらでは書きません。 
緩和規定にそって建てる事で安全に家を建てることが可能になることがあります。 
ハウスメーカーや工務店で無理と言われた敷地でも、建築家に相談して知恵を絞ってもらうことで建築が可能になる場合もあります。 
 

  

建築家依頼サービスで崖条例の問題を解決できるかも・・・

 
 
当サイトではお近くの建築家に仕事を依頼できる建築家依頼サービスを行っています。 
建築家依頼サービスであなたの状況と依頼したい仕事を投稿するとお近くの建築家から返信をもらうことができます。 
その後は自由に各建築家と連絡を取ることができますので、ぜひ崖条例でお困りの状況を相談してみてください。 
建築家依頼サービスへの投稿は今すぐこちらのフォームから必要事項を記入して送信してください。 
 

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区