マイクロハウス

ユーザー 株)アトリエ Y&R 栗城裕一 の写真

 図は単身者用の極小住宅です。最低限のものに日常の持ち物を切り詰め、しかし生活に支障ないように、しかもある種の豊かさを持ったローコスト住宅として計画されました。外部のテラスから直接出入りするので玄関というものはありません。小さいロフト(約4㎡)をもつ7.5坪の住居です。作り付けのキャビネットで台所と居室がゆるやかに仕切られていて、居心地の良い居室をつくっています。