I-2576、既存擁壁の安全検討(愛知県)

I-2576、既存擁壁の安全検討(愛知県)

ユーザー カヅキ の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
愛知県
現住所‐郡市区町村: 
 
依頼内容: 

愛知県岡崎市内の既存擁壁の安全検討についてのご相談です。
今回ご相談する土地は北面道路が西向に13%下りの勾配があり、敷地北面の東境界が現状GLまで+1.51M、西境界が+3.65Mの段差があります。
北面幅15.75Mの間口が道路よりすぐに上記高さの石間地ブロックの為、購入後道路面より6.0Mセットバックして駐車場にする計画でおりました。
そこで、この北面東側に道路より敷地内に進入する為の幅5Mのスロープを付ける為に切土の計画をしておりましたが、東側隣地境界部に1.86Mの段差があり(擁壁天端5.33、当敷地基準GL3.47 ※当敷地側に既存重力式擁壁)北面道路(東境界部1.98)から5.33-1.98=3.35のガケが生じてしまい岡崎市役所からこの擁壁に対しての安全証明するように指摘されてしまいました。
ガケ上部には東隣地の建物があり(おまけに屋根が少し越境)矢板などの補強工事が行えません。
少し、複雑な内容の為言葉だけでは説明しずらい部分もありますが何卒ご相談させて頂きたく宜しくお願い致します。
 
建築家の所在地について:
建築家の所在地にはこだわらない
 





コメント

ユーザー 株式会社松岡建築設計事務所 松岡耕輔 の写真
株式会社松岡建築設計事務所 松岡耕輔
コメント: 

カヅキ 様 

はじめまして、福岡市中央区にて設計・監理を行っている
株式会社松岡建築設計事務所の松岡と申します。
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅、アパート、マンション、老人ホーム、事務所、幼稚園、倉庫、工場、工作物、堀車庫、擁壁まで、新築はもちろん増改築まで幅広く設計しております。

一度詳しい話を聞かせて下さい。
ご連絡お待ちしております。

〒810-0014福岡市中央区平尾5丁目18-10
株式会社 松岡建築設計事務所
代表取締役 一級建築士 松岡 耕輔
TEL : 092-526-3003  FAX : 092-526-3005
E-mail : m-cad@mbp.nifty.com

参考事例: 













ユーザー 自由設計一級建築士事務所 樋口 博 の写真
自由設計一級建築士事務所 樋口 博
コメント: 

カヅキ様
初めまして横浜で設計事務所を営んでいる樋口と申します。
構造設計一級建築士として擁壁設計も日常業務でこなしていますが
既存擁壁となると詳細(断面・高さ等)がわかるかどうかにかかっています。
参考までに擁壁構造図などが掲載されているサイトのアドレスを掲載します。
https://www.facebook.com/jiyuu1994/

参考事例: 













ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...
コメント: 

よろしければ、ご連絡下さいませ。

弊社では、建築物の用途・構造・規模(延べ面積・階数)・敷地地域地区・工事種別・施工システムに特化するのではなく、どちらかと申し上げると社会弱者から一般的な方々寄りの建築物を建てる際に何がしかの心配や問題を解決する設計監理委託業務に特化して業務執行しております。
よって、弊社では自社の設計した建築物の作品性の実現を第一に目指すのではなく、限られた施工者に対しての請負工事コストの中で、建築主のご要望の実現を第一に、一般の方々が気付きにくい機能性・快適性・メンテナンス性等を満足させ、コストアップない意匠性のセンス・アイディアを加味する事を執り行っております。

尚、我々建築家(=建築設計監理専門サービス業者)は建築士法の建築士事務所の登録規定・管理建築士の専任規定により、施工業務を行なう事は叶いません。特に、私は(公社)日本建築家協会 正会員・登録建築家ですので、定款規程により、利益相反する建設業・建築材料メーカー業の兼務は厳しく禁止されております。

また、現在はまだ建築士は建築設計監理業務、施工管理業務の他多岐に渡る職種にて活躍しており、建築士事務所にも建築家の他、土木コンサルタント、建設コンサルタント、構造や各種設備建築士事務所等がございます。
この他、建築プロジェクトには、土地家屋調査士さん、司法書士さん、地質・電波障害の調査士さん、公共・民間審査機関さん、融資金融機関さん等と建設業者に該当なさる施工者を除く、様々な専門サービス業者さんも関わっております。
その中で、弊社は建築(構造及び設備を含む)の調査企画・設計監理業務の他、これらの建築業務を委託頂いた際には、測量士の資格が必要ない範囲での都市計画法範疇の調査企画や擁壁等の工作物の設計監理という通常、建設コンサルタントさん土木コンサルタントが適当な土地に対する委託業務も受託させて頂いております。

長文になりましたが、以上を前提とさせて頂きまして、、、

全国各地にて、駐車場用途の建築設計監理実績も多数ございます。

ご相談に対して、
既存の重力式擁壁に対して安全の証明が、厳密に可能な方は確認申請の是非を問わずその擁壁を設計監理なさった方々ですし、それは建築主の責任にて執行される設計図書通りに施工する施工責任とそれぞれが各自の責任を負う事になります。
この既存擁壁工事で、開発許可や建築確認申請が必要無かったのでしたら、公共機関は責任の一端は負わないと思われます。
何れにしても、設計図書やその施工状況報告図書が無い物件に対して、しかも経年劣化もある擁壁に対して安全証明を第三者が提出して責任を負う事は厳しいと思われます。
(地盤調査の専門サービス業者は可能かしらん?)
今回の計画を含めて崖規制に該当する際には、
既存建築物に対する増築工事と同様の様に、今回の計画を含めて設計監理をなさる必要がございます。以上、ご相談へのご報告とさせて頂きます。

(全国の多く役所の方々が、敷地や既存建築物等について、新築時の自分達自らの責任を取られる方々も少ないのに、我々設計者には業務外の部分まで責任を要求する事に疑問を感じてます。)

建築物も含めたプロジェクトの際には、弊社のご検討もよろしくお願い申し上げます。

Archi-Lab.CAN建築加塩設計 加塩博之 拝
=豊かな空間創造、幸福な時間=

参考事例: 













当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言