S-385、宿泊施設への用途変更(和歌山県)

S-385、宿泊施設への用途変更(和歌山県)

ユーザー じゅん の写真
現住所: 
大阪府
ご相談の内容: 

■建設予定地 和歌山県西牟婁郡白浜町

■あなたの現状 中古物件の購入前

■建築家に相談したいこと

購入前に用途変更が可能かどうかを把握したい。どの程度の改装が必要かなど





コメント

ユーザー 3034 の写真
3034 (未認証ユーザー)

現在の建物の用途で用途変更が必要になるかが決まります。
用途変更の場合、検査済証が必要になってきます。中古の場合は
検査済証がない場合が多いので注意して下さい。
基本的に検査済証がない場合は不適格建築物調書を提出すること
になり、少々時間がかかります。
どの程度の改装が必要かは現在の建物の状況によるかと思います。





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

現在の用途を含め規模・構造・面積が確認できる検査済証等の資料をご用意して頂き、
(社)日本建築家協会関西支部和歌山会へ相談なさることが最善策だと思います。

宿泊施設は特殊建築物に該当しますので、場合によっては単なる用途変更では済まない場合があります。
例えば、構造に防火性能を求められたり、避難の為の通路・階段の設置・改造・・・
消防設備の追加 等々。

弊社でも対応は可能ですが、お近くを望まれるなら上記方法がよいと思います。





ユーザー コカド建築設計事務所 小門 祥典 の写真
コカド建築設計事務所 小門 祥典

じゅん様
ご質問内容によると、「中古物件の購入前」とあるので、仲介(その物件を紹介してくれた)不動産屋が
おられるかと思うので、まずは不動産屋に詳細について質問するのが早いでしょう。
もし、ネットか何かで検索された物件であれば、「問い合わせ先」が書かれているはずですので、そちらで
お聞きになるのがベターです。

当方、和歌山市内のため「ちょっと見に行く」って事にはならないのが現状ですが、依頼されれば誠意を
もって対応させていただきます。