がけ条例をクリアしてコストダウンした事例

ユーザー 仲里空間設計工房 仲里 実 の写真

以前、がけ条例が適用される敷地に住宅を建てた事例があるので紹介します。
がけ条例というのは各地の条例で定められています。
 
福岡県では、簡単に説明すると
「3メートルを超える崖の近くに家を建てる場合には、がけの高さの2倍以上、崖から離しなさい。
もしくはがけが崩れないように擁壁を作りなさい」
というような規定です。
 
ただ、福岡市には別の規定があったりしますから、詳しいことは地元の建築士によく聞いてみることをオススメします。

がけ断面図

上記が建てる前の敷地の断面図です。
 
一番、一般的なのは敷地を道路と同じ高さまで盛土して擁壁を作ってしまうことです。
実際に隣の家もそのような工事をしてありました。
 
しかし、敷地を盛土したり擁壁を作ったりしていてはそれだけで予算を使い果たしてしまいそうでした。
盛土するということは地盤の強度は期待できませんから、地盤改良も必要になるので余計に予算がかかってしまいます。
 
かと言って建物をがけから崖の高さの2倍以上、離して建てるというのも無理があります。
 
実はがけ条例で定められているがけというのは、敷地の傾斜が30度を超えている場合を指しています。そこで私はお客様の了解を得た上で敷地を2段に分けて傾斜を30度以下に抑えることでがけ条例の問題をクリアすることにしました。
 
図のような造成を行い、それぞれの段の高さは3m以下に抑え傾斜角は30度以下に抑えました、

がけ条例をクリアした断面図

地盤調査を行ったところ、地盤そのものは十分な強度があったので、基礎を若干深くして元々の地盤の上に基礎を作りました。
基礎工事の際に掘り出した土をそのまま使ったので、客土も残土処分も必要ありませんでした。
さらに傾斜部分には法面保護を行い、斜面が崩れるのを防いでいます
 
最初から擁壁工事を行うつもりはなかったので見積もりなどはとっていませんが、擁壁工事や盛土工事を行った場合に比べれば、かなりのコストダウンになったと思います。
 
がけ条例が適用されて困っている方もいらっしゃると思いますが、ぜひ、当サイトの会員建築家に依頼することを検討してみてください。
 
建築家依頼サービス