S-0474、一括下請け丸投げについて(宮城県) 

S-0474、一括下請け丸投げについて(宮城県) 

ユーザー ZO- の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
宮城県
現住所‐郡市区町村: 
仙台市
ご相談の内容: 

初めまして。 
 
 
 
元請会社の『一括下請け 丸投げ禁止』に触れている事が分かって、施工を取りやめ 
(26年11月)、現在抗争中です。 
 
 
 
このプロジェクトは建築士・元請・下請けの3社がグルになり、本来なら建築法に触 
れる行為隠し、施主を騙しておりました。 
 
これが分かったのは地鎮祭の3日後で、着工寸前でした。 
 
幸いに、着手金は未だ支払っていなかったので、損害金は発生しておりませんが、 
1/4の設計費用はAに支払い済みです。 
 
しかし、2年間の計画が無になった為、逸失利益を損害賠償請求致しました。 
 
抗争中ですが判例がまだ無い為、非常に珍しく、厄介なケースと思います。 
 
 
 
《大筋の経緯》 
 
1. 25年7月頃RC6階建て約450坪の賃貸マンションを計画。 
 
2. 一級建築士Aに相談する。 
 
3. Aは某スーパーゼネコンに勤務中であった。 
 
名目上は設計施工の形を取りったが、実際はAが担当して設計をすることで、Aと元請 
との間で話が決まった。 
 
この話の内容は、施主には告げてはいない。 
 
4. 26年1月中旬突然独立すると告げられ、業務内容・報酬の記載されているA4の紙 
に承諾印を押すよう要請があり1/28押印した。 
 
この時は未だ、ゼネコンに勤務しており、建築士法に違反していることを施主は後か 
ら知る。(無登録の禁止) 
 
5. 元請との契約書には施工会社の監理者Bの名前が記載されていて、本工事の元請 
の施工監理者(現場監督)と紹介を受け、様々な打ち合わせを行ってきた。 
 
しかし、その施工監理者Bは26年9月、別の現場に転勤になることになった。 
 
6. 26年6月4日、Bの後任に一級施工管理技士Cの紹介を受けた。Cは元請の名刺を差 
し出したので、施主はCを元請の社員と疑う事は無なかった。 
 
そして、この日はAも同出していた。 
 
7. その後、CはAが同席していないのに、設計の打ち合わせや施工費用の打ち合わせ 
をしたいと度々施主を訪れた。 
 
8. 施工費が10%以上も増額してしまった為、以前Aと決めたこれだけは譲れない最 
少のものまで変えるよう要求してきた。 
 
9. いずれの打ち合わせにも、元請の社員は同席しえおらず、Cのみであった。 
 
10. あまりにも、施主を蔑ろにする為、疑問を持ち始めた。 
 
11. 3回目の打ち合わせが終了したとき、Cは書類の入ったカバンを忘れてれていっ 
た。 
 
慌てて後を追ったっがいなかった為、Cの名刺に書いてあった元請の会社に電話した 
ら、「そのような者は当社にはおりません」と電話口で告げられた。 
 
12. 不審に思い、Cのカバンを開けて中身を見た。 
 
その人物はAが2月頃、言っていた下請けの会社の社員だった。 
 
Aは2月頃より、下請けの会社と会い打ち合わせを行っていた。 
 
13. 施主は、頭をひどく殴られたような、酷いショオックを受け、今後どうしたら 
良いか咄嗟に判断はつかなかった。 
 
これが世に言う『丸投げか』今までの計画が、無残にも壊れてしまった。 
 
14. Aも元請も下請けも、BもCも施主を騙していたため、誰も施主の見方はいなく 
なった。 
 
15. 本体ならAは、施主の代理として、施工会社を監理する立場にありながら、施主 
を欺き、施主の不利益を増長させて自分の利のみを考えていた。(後日判明したが、 
施主の設計料の他に、施工会社から、1千万円もらえることになっていた。) 
 
16. 施主はAに全て施主に秘していた事に責任を取るよう、損害賠償を請求したとこ 
ろ、「未だ施工前なので、監理業務はしていない為、何んの責任もない」と逃げてお 
ります。 
 
施主はAが『一番のワル』に思えますが、確かに施工管理は未だですが、今までの計 
画段階での責任は追及できないものでしょうか? 
 
Aが誠意のある普通の人間でしたら、多分『丸投げ』も出来なかったのではないかと 
思えてなりません。 
 
Aが何の罪にもならないなんて、許せないし、非常に悔しい思い出いっぱいです。 
 
 
 
一級建築士の立場から、どう判断できますでしょか? 
 
弁護士も、建築に精通しておりませんので、疑問が解決されない状況です。 
 
お忙しいところ、恐縮ではございますが、ご回答を頂ければ幸いです。 
 
 
 
宜しくお願い申し上げます。
 
 
 





コメント

ユーザー  アトリエルクス一級建築士事務所  宇佐見 寛 の写真
アトリエルクス一級建築士事務所...

はじめまして、ZO様。
いろいろとあったようで、大変でしたね。

現状、一括丸投げについては、工事上のことは契約をしていないようですので、実損が無い前提では、問えない可能性がありますね。
ただ、契約をしている設計についての丸投げがあれば問えるかと思います。
あと、上記にもあるように、事務所登録違反に該当する可能性はあります。
あと、重要事項説明なども必要になると思います。
詳細はわかりかねますので、何とも言いがたいですが、契約をしているところまでで、契約無効となることを、立証していき責任を追求していく他はないのではないかと思います。
詳しいことは、メール等をいただければご相談にのれることもあるかもしれませんので、宜しくお願いいたします。

アトリエ ルクス 一級建築士事務所
mail usami@atelier-lx.jp
HP http://www.atelier-lx.jp





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

こんにちは。

裁判での決着まで進まれたことを応援しております。
建設業法で元請が下請けへの一括丸投げをしたことには刑事罰?対象ですので、
損害賠償の訴訟だけでなく、是非そちらも訴えたら良いと思います。
刑事訴訟での判決が民事訴訟を後押しする可能性もございます。
 (反面、裁判は判決のみの決め事で、実行されない場合も多々ありますが)
弁護士の中には、一級建築士資格を持たれた方々も、建築基準法に詳しい方々もいらっしゃいますので
顧問弁護士さんの他にそのような方々に依頼なさるのもいいと思います。
(公社)日本建築家協会東北支部宮城地域会等にご一報頂ければご紹介して頂けます。

また、多くの方々同様に一般のお施主様なので、業務の内容について少々語句や意味合いを誤認なされていらっしゃるようですので、参考までに申し上げます。

設計監理…ご存知の通り、今回の物件では、業として(=報酬を得て)設計監理を行なう場合は
一級建築士事務所の登録許可が必要となります。
 設計とはそのものの責任において設計図書【建築物の建築工事実施のために必要な図面(原寸図・施工図等を除く)及び仕様書】を作成することで、監理(=工事監理、設計監理、≠施工管理)とはそのものの責任で、工事と設計図書とを照合し、それが設計図書の通りに実施されているかいないかを確認することです。
 因みに施工管理は、建設業(今回の場合は建設業の許可が必要)が行なう管理で、
①コスト②工程③安全④品質の管理項目がございます。

また、以下、質疑・感想を含めて修正をさせて頂きます。

元請会社が建設業法の『一括下請け 丸投げ禁止』に触れている事が分かって、施工を取りやめ 
(26年11月)、現在抗争中です。 (…B・Cの違法行為は) 
 
 
このプロジェクトは建築士・元請・下請けの3社がグルになり、本来なら×建築法〇建設業法、(Q.建築士法もでしょうか?)に触れる行為隠し、施主を騙しておりました。 
 
これが分かったのは地鎮祭の3日後で、着工寸前(Q.着工届や着工時に公的機関に提出する施工者、監理者届は提出していますか?また、確認申請書の設計者・施工者はどのように記載していますか?)でした。 
 
幸いに、着手金は未だ支払っていなかったので、損害金は発生しておりませんが、 
1/4の設計費用はAに支払い済みです。 
しかし、2年間の計画が無になった為、逸失利益を損害賠償請求致しました。
…2年間の計画が無になった理由は設計者ではなく施工者の違反行為ですので、A氏に対して
これを理由とした逸失利益の損害賠償は難しいと思います。
この理由なら、zo-さん・A氏共に施工者・協力会社を相手に逸失利益の損害賠償請求では勝てると思います。(A氏は認識していたら訴えられません。)また、逸失利益では有りませんが、A氏には下記の理由での損害賠償訴求が適当だと思います。
 
抗争中ですが判例がまだ無い為、非常に珍しく、厄介なケースと思います。 
 
《大筋の経緯》 
 
1. 25年7月頃RC6階建て約450坪の賃貸マンションを計画。 
 
2. 一級建築士Aに相談する。(Q.ゼネコンに相談なされてA氏が担当となったのか、A氏に直接相談なさったのか?何れでしょうか?) 
 
3. Aは某スーパーゼネコンに勤務中であった。 
 
名目上は設計施工の形を取りったが、実際はAが担当して設計をすることで、Aと元請 
との間で話が決まった。
(Q.設計監理契約と請負契約とは、規定法規が異なるので、別々に四会連合規定の契約様式にて行うのが一般的ですが、これを使わずに設計施工契約を行なったのでしょうか?規定様式であれば、契約書と別に約款や業務委託書も有ります。) 
 
この話の内容は、施主には告げてはいない。(Q.契約はなさってますか?なさったなら、契約書の内容は確認致しましたか?契約書の設計者、施工者は誰になっていますか?) 
 
4. 26年1月中旬突然独立すると告げられ、業務内容・報酬の記載されているA4の紙 
に承諾印を押すよう要請があり1/28押印した。(押印なさっているので、内容に虚偽が無い場合は承認が有効になりますが、どのような契約でしょうか?設計監理契約だけ?設計施工契約?設計監理契約と請負契約?また、それは上記の様式でしょうか?また、請負契約は金額記載が必要ですが有りますか?) 
 
この時は未だ、ゼネコンに勤務しており、建築士法に違反していることを施主は後か 
ら知る。(無登録の禁止) (…一級建築士として設計監理は出来ますが、業としては行う為には建築士事務所登録を行なう必要がございます。なので、ゼネコンでの設計監理契約かどうかが違法かどうかの判定材料となります。ゼネコン設計事務所での契約なら残念ながら合法(再委託の制限違反の恐れはございます)ですが、独立事務所での契約ならば違法(1年以下の懲役又は30万円以下の罰金)で且つ重要事項説明書等の虚偽記載の恐れもございます。)

5. 元請との契約書には施工会社の×監理者B〇管理者の名前が記載されていて、本工事の元請 
の施工×監理者〇管理者(現場監督)と紹介を受け、様々な打ち合わせを行ってきた。
(Q.設計者・施工者の契約者名は、設計事務所許可番号・建設業者許可番号を記載するために、会社(若しくは支店)名として代表取締役となっている場合が多いですが、実際の現場監督名での記載となっているのでしょうか?はたまた、打合せの内容が設計の内容ならば、設計監理者の委託業務になりますが、...施工者の職責には設計者の許可なき、設計図書(工事内容)の変更は出来ません。また、設計者・監理者事務所の所員でもで一級建築士でない方がこの物件の設計や工事監理をすることも建築士法で禁止されています。...何れでしょうか?場合によっては登録建築士事務所の免許取り消しにもなります。) 
 
しかし、その施工×監理者〇管理者Bは26年9月、別の現場に転勤になることになった。 
 
6. 26年6月4日、Bの後任に一級施工管理技士Cの紹介を受けた。Cは元請の名刺を差し出したので、施主はCを元請の社員と疑う事は無なかった。そして、この日はAも同出していた。
…一括下請だけでなく、元請社員でないならば詐称です。
 
7. その後、CはAが同席していないのに、設計の打ち合わせや施工費用の打ち合わせ 
をしたいと度々施主を訪れた。(上記と一緒ならば、建築士法違反でもあります。) 
 
8. 施工費が10%以上も増額してしまった為、以前Aと決めたこれだけは譲れない最 
少のものまで変えるよう要求してきた。…施工者なら越権行為ですね。
請負契約をしているならその金額で施工しないことは契約違反です。
また、設計者ならば建築士法違反でもあります。) 
 
9. いずれの打ち合わせにも、元請の社員は同席しえおらず、Cのみであった。10. あまりにも、施主を蔑ろにする為、疑問を持ち始めた。11. 3回目の打ち合わせが終了したとき、Cは書類の入ったカバンを忘れていった。 慌てて後を追ったがいなかった為、Cの名刺に書いてあった元請の会社に電話した 
ら、「そのような者は当社にはおりません」と電話口で告げられた。12. 不審に思い、Cのカバンを開けて中身を見た。 
 
その人物はAが2月頃、言っていた下請けの会社の社員だった。
…なぜ・何の為、下請けの会社のことをA氏はZO-さんに仰られたのですか?
詐称してまで自社社員として施工者(会社)の担当者として紹介した行動の意味が判りません。 
 
Aは2月頃より、下請けの会社と会い打ち合わせを行っていた。
…設計施工の会社職員だと目的(会社利潤獲得)が一緒ですので、通常的に行なわれる
当然の行為(...なので、設計施工は良くないと思っています...)ですが、
設計者が別会社で、施工者と設計者の何れかが自社利益の享受が目的で行なわれたのならば、
贈収賄や施主への背任行為の恐れもございます。 
 
13. 施主は、頭をひどく殴られたような、酷いシォックを受け、今後どうしたら 
良いか咄嗟に判断はつかなかった。  
これが世に言う『丸投げか』今までの計画が、無残にも壊れてしまった。
…丸投げは、施工者(スーパーゼネコン)⇒協力会社(下請業者)の違反行為で、
建築主への詐称や背任行為に対しての権利として、工事中止を裁判してることになります。
 
 
14. Aも元請も下請けも、BもCも施主を騙していたため、誰も施主の見方はいなくなった。
…そもそも、設計施工とは、ここで区別している三者とも同一の会社ですので、
信頼関係が壊れるとこの状態になることは必至のことです。
なので、弊社では設計施工はお薦めしていません。 
 
15. 本体ならAは、施主の代理として、施工会社を監理する立場にありながら、施主 
を欺き、施主の不利益を増長させて自分の利のみを考えていた。(後日判明したが、 
施主の設計料の他に、施工会社から、1千万円もらえることになっていた。) 
…施工会社を監理するのではありません(...監理とは上記の通りです...)が、背任行為の恐れがあります。また、キックバックを貰う理由が、手抜き工事を見逃して(誤魔化して)検査済証を貰う為でしたら、
贈収賄罪にも抵触致します。
 
16. 施主はAに全て施主に秘していた事に責任を取るよう、損害賠償を請求したとこ 
ろ、「未だ施工前なので、監理業務はしていない為、何んの責任もない」と逃げてお 
ります。
…一番お聞きしたいのはここだと思います。
Q.施主とはzo-さんご本人のことでしょうか?急に他人称でご自分のことを書かれる意味は何でしょうか?
確かにA氏の仰られることも一理ありますが、四会連合協定の契約様式の基本業務委託書によると、
工事監理業務には、その他の業務に該当する次の業務がございますので、
監理業務行なっている、つまり、(業務遂行の有無に係わらず)監理責任があるとも言えます。
 4A204請負代金内訳書の検討及び報告
 
施主はAが『一番のワル』に思えますが、確かに×施工管理(...委託業務外です...)〇設計監理は未だですが、今までの計画段階での責任は追及できないものでしょうか? 
(… 私は、一番のワルはスーパーゼネコンという法人だと思います。
A氏、B氏は所詮元々は同じ組織の社員ですし、C氏は丸投げの対象先の社員です。
スーパーゼネコンが自社が儲かる理由なくして、独立後のA氏に1000万円のキックバックを支払うことはありません。その1000万円の出所もzo-さんの工事費に含まれている恐れもあると思っています。)
どうしてもA氏を懲らしめたいのなら、上記方法の方が適当だと思います。
 
Aが誠意のある普通の人間でしたら、多分『丸投げ』も出来なかったのではないかと思えてなりません。
…誠意ある(正義感の強い)特別な方でしたら別ですが、普通の人間(ゼネコン勤務者)なら、
こんなもんじゃないかと私は思っています。
(会社の利益追求の為に働いているゼネコン社員大部分の行動としては多数派とも思っています。
内部告発者はいつも少数派です。)
それに、元社員の設計者個人の力でスーパーゼネコンが丸投げをするかしないかを決めるなんて事はありえません。元社員でなければ、ゼネコンさんは設計者にも下請業者への丸投げを教えることもありません。我々設計者としても、現場ピンポイントの方言を話すスーパーゼネコンの施工管理者や設備担当者に出くわすことも有りますが、キッチリ管理能力が有れば建築物の性能には問題ないようにも思いますし、契約社員も丸投げ先社員も最終的には元請が取るわけですので意味ないようにも思います。
同じ職人さんや監督さんでも所属会社(ゼネコン)が異なると、ビックリする程同じ設計内容の仕上がりが違うことは、過去多数経験しております。
ただ、私個人は正義感の強い変わり者なので、道路交通法を除き(!!)法を破る方は自分を含めて許せないのですが、、、
ゼネコン勤務の経験者としての情報としては、各社現場員の人数や配置には請負金額による決め事が有り、スーパーゼネコンともなれば、数億の物件クラスまでは下請会社での対応になるとも言われています。なので失礼ながら、この規模のマンションの施工をスーパーゼネコンに委託なさった時(スーパーゼネコンに勤務しているA氏に設計を相談・依頼した時)から下請丸投げでの工事施工は決まっていたと想定いたします。
だから、どうしてもA氏を懲らしめたいだけなら、上記方法の方が適当だと思います。
 
Aが何の罪にもならないなんて、許せないし、非常に悔しい思いでいっぱいです。 
…繰り返しになりますが、建設業法で規定される下請けの丸投げについてはA氏は第三者ですので罪にはなりませんが、それぞれの業務における職責、適応範囲等を正しくご理解できた上で、それでも猶心情的にA氏をどうしても懲らしたいと思われるならば、建築士法違反や背任行為での刑事罰での対応を行い、その勝訴をもって損害賠償請求が適当だと思われます。(ただ、恐らくはA氏だけでなくA氏の家族の人生も破綻することは認識なさって下さいませ。) 
 
一級建築士の立場から、どう判断できますでしょうか? 
…A氏に対する対応は、一級建築士の立場としては判断できません。私個人は、経験や専門知識があるのでこのような状況になることはない(そもそも他者に設計・監理を頼みません)ですが、最終的な状況に陥ったとしたら正義感の強い変わり者ですので間違いなく、刑事告発はすると思います。
ですが、それは一括下請丸投げによる工事中止の責任やそのことを認知していたのに施主に言わなかったからでもありません。同じ設計監理に携わる人間として、建築家全体の認識を一般の方々に誤解される違反行為が許せないからです。(逆に、一般の方々(施主)でも、建築に対して契約不履行や違反行為があった際には徹底的に戦います。)
最終的には自己の責任においてZo-様が判断することだと思います。

弁護士も、建築に精通しておりませんので、疑問が解決されない状況です。
…最初に書かせて頂きました通り、一級建築士の資格等のある建築訴訟専門の弁護士で無いとナカナカ難しいと思われます。
 
お忙しいところ、恐縮ではございますが、ご回答を頂ければ幸いです。
…弊社の業務には関係ないのに大変長くなり申し訳ございませんが、この回答を参考にして頂き、また、感情的な部分が納まって頂けるヒントにして頂ければ幸いです。失礼な表現があったことは、重ね重ねでございますがお許しくださいませ。 
 
どなたの設計や施工か関係なく、今回業者相談前の賃貸マンション建設の夢の実現を祈念致します。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
=豊かな空間創造、幸福な時間=





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •