S-0480、束石に乗ってる築60年の住宅のリフォーム(北海道)

S-0480、束石に乗ってる築60年の住宅のリフォーム(北海道)

ユーザー てつ の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
北海道
現住所‐郡市区町村: 
札幌市
ご相談の内容: 

束石に乗ってる築60年の住宅のリフォームを考えております。
 
新築は1956年の床面積51㎡(平屋)で、増築は1984年に1階10㎡+2階39㎡の家で、
 
束石に乗ってる柱の元が数ヶ処腐食しており、しかも母体が築60年と言うことで、
 
1階の床、2階の床・窓などに傾きが見られます。
 
 
このような状態を地元のハウスメーカーに見てもらった所、
 
リノベーションより建替えた方がコストパフォーマンス的に良いと言われ、
 
束石からベタ基礎への更新も、ジャッキアップが必要で家が崩れるとまで言われました。
 
 
素人目に見てもこの状態で住み続けるには、柱だけ残しての全面改修が必要と感じるのですが、
 
やはり同規模の新築より、コストを抑えてのフルリフォームは無理でしょうか?
 
またフルリフォームの場合、どのくらいの予算が必要でしょうか?
 
 
あと外回りと生活基準の1階だけお願いして、
 
2階の内装は自分でやる(壁、天井や建具・電気系は一切なし)とすれば、
 
工務店に対する経費は、いくらか下げる事は可能でしょうか?
 
(自分で作る楽しみを味わいたいという目的も有ります)
 
 
どうしても思い入れのある地域を離れたくない為に、
 
素人ならではの無茶苦茶な質問ではありますが、
 
ぜひ知恵を貸して頂きたく、質問に至った次第です。
 
ちなみに現在は無落雪屋根です、
 
水廻りの移動(違法建築っぽい所に風呂場がある)も必要かもしれません。
 
 
長くなりましたがアドバイス頂ければ幸いです、宜しくお願い致します。
 
 





コメント

ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

現在の基準法では、基礎と土台は緊結しないとなりませんから、
この建物は、既存不適格建築物となります。

また、主要構造部(壁・柱・床・はり・屋根・階段)の1種類以上の過半をリフォーム(修繕・模様替え)する場合や、10㎡以上の増築・改築・移転(敷地内での移動)をする場合は確認申請が必要となります。

よって、上の範囲に該当する建築的行為をなさる場合は既存不適格の部分の手直しする必要があります。

これとは別に、確認申請を受けていない場合は違法建築物ですので、一旦全て壊す必要が有りますから、大規模なリフォームはできません。

何れに該当するか確認の上、ご返答頂ければ、コスト等についても対応させて頂きます。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
ArchiLabCAN@ybb.ne.jp

=豊かな空間創造、幸福な時間=





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •