S-0498、設備屋さん任せに施工してもいいんですか?(茨城県)

S-0498、設備屋さん任せに施工してもいいんですか?(茨城県)

ユーザー カズs498 の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
茨城県
現住所‐郡市区町村: 
常陸大宮市
ご相談の内容: 

あるハウスメーカーで建てたのですが外回りの配管図や施工図がないまま設備屋さん任せに施工したみたいなんですがそれっていいんですか?
あと、屋根裏の梁のボルト締めが抜けてたり、階段框が水平じゃなかったりフローリングに段差があったり、梁もそうですがへこみやふしがたくさんあり、いろいろありました
建てて2ヶ月です
 





コメント

ユーザー オフィス・アースワークス一級建築士事務所 小松原敬 の写真
オフィス・アースワークス一級建...

横浜の設計事務所です。

設備図は一般的には住宅レベルでは、位置図(電気・その他設備)程度になります。
外回り配管も、公共下水道がある場合は下水道までの汚水・雨水の配管ルート程度です。
特殊な設備がある場合には、その部分のみ作成することはあります。

ただし、木造住宅では、配管の為のP.S(パイプスペース)を作ることが少なく、壁の中や天井を配管・配線していくので監理者(設計者)による現場監理が重要になります。
時には、大きな梁を越えられない、といった事態があり、構造に無理解な設備職人が梁に穴を開けてしまう事もあります。
電気配線の為の小さな穴程度なら、監理者の同意のもとにあける事もありますが、排水配管などの大きな穴をあけることは厳禁です。
排水は勾配が必要なので時に難しい状況になりますが、監理者(設計者)がきちんと現場を見て指示することが重要です。
設計者なら構造図(プレカット図)を事前に見ていれば、そういった事が予想できます。

>あと、屋根裏の梁のボルト締めが抜けてたり、階段框が水平じゃなかったり
>フローリングに段差があったり、梁もそうですがへこみやふしがたくさんあり、

設計事務所がつかない現場では監理が不在になるので、現場監督の管理次第で現場の質が決まります。
ただ、年間着工棟数が多いハウスメーカー等の現場監督は何棟もの(下手をすると10棟以上)現場を同時進行で抱えていることが多く、きめ細かい管理は事実上不可能です。

私達設計事務所としては、監理がつく設計事務所に設計を依頼し、年間着工棟数が異常に多くない工務店に直接建築を依頼する、という建築方法を提唱していますがいかんせん少数派になってしまっています。

建ててしまったあとは、問題があればその都度メーカーに対応を依頼する、というしか方法はないかと思います。





ユーザー カズs498 の写真
カズs498

丁寧な、回答ありがとうございました。





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

弊社は、(公社)日本建築家協会に属していて、建築物の質の向上と建築文化の創造・発展に貢献することを目的として、全国の建築相談は無料にて対応させて頂いております。
また、この建築家紹介センターでは、建築家依頼サービスの物件に対して弊社の業務となる可能性があるかどうかを質問させて頂いているお礼(奉仕)として、ほぼ全ての建築質問サービスにボランティアで対応させて頂いております。
何か有りましたら遠慮なくご相談下さいませ。

Q あるハウスメーカーで建てたのですが外回りの配管図や施工図がないまま設備屋さん任せに施工したみたいなんですがそれっていいんですか?

ハウスメーカーに設計を依頼なさっている場合、法的に必要な図面以外は設計図書類はほぼ有りません。よって、監理( ⇒ 設計図通りに施工しているかどうかを確認すること。)も、その少ない図面に書いてある事しか確認できないのですから、ほぼ業務として発生致しません。(シッカリとした監理をしようにも図面がないのでできませんし、逆にする必要もありません。)

これと別に、施工者が行なう施工管理があります。①コスト②工程③安全④品質の4項目がございます。
施工管理の目的は、施工会社の利益拡大と会社発展の為に行なうことです。
建築物の施工は、建築主と施工者の請負契約となりますので、決められた金額で決められた工事期間で、設計図書の通り行なうことになりますが、図面にない部分は施工者が自社の利潤を追求する方法で施工することになります。これは、元請と協力会社(下請)との請負契約でも同様になります。
特に、規模の小さな施工者程設備技術者が自社内にいませんので、設備屋さん任せの施工となりますが、我々の様な設計監理専業の設計者が競争見積時に添付する見積要項書や設計図書の特記仕様書に、後々のメンテナンスの為に要求する完成図書に含まない限り、施工図を提出する必要はございませんので、ハウスメーカーや工務店の設計施工物件で配管図や施工図を書くことはほぼありません。
(逆に、施工図の提出を要求する元請会社、要求されなくても提出する協力会社は、シッカリとした会社と判断できますが、経験上はほぼ皆無です。)

Q あと、屋根裏の梁のボルト締めが抜けてたり、階段框が水平じゃなかったりフローリングに段差があったり、梁もそうですがへこみやふしがたくさんあり、いろいろありました

設計施工の場合は、大手ゼネコンを除き、監理者と施工者が同一者となる場合がほとんどですので、等閑な監理が行なわれています。また、上記の様に確認できる項目も設計図面がなく、法的な最低限の部分しかできません。更に、大手を含めて、利益を共有する同一の会社内で行なうわけですので、詳細な部分まで厳格に指摘することは稀有なことは容易に想像出来ます。
建築士の資格を持っていても、コストを反映した工事期間で、施工管理業務も監理業務も兼務できる程、簡単な業務内容ではありません。設備だけでなく、大工や内外装屋さん任せの現場監督もまだまだ
多いのが実状です。これらのことを把握した上で、家造りをご検討なさればよろしかったのでしょうが、
現段階では対応は難しいと思います。失礼ながら、厳しいことを言えば、このようなリスクを承知してハウスメーカーに依頼するべきですし、ご自分にも責任があることを認識なさる必要がございます。

施工不良については、設計監理の範疇外になります。
建築主として、引渡し前に行なわれる施主完了検査時にご指摘頂くと是正して貰えたと思いますが、
すでに受け取って住まれていますので、施主の技術面の代理者としての建築家がいない設計施工物件では今後の無料での是正は難しいと思います。

ただ、『屋根裏の梁のボルト締めが抜けてたり』の部分は、住宅瑕疵担保履行法で、施工者が施工物件にかける義務がある保険で、行政外郭指定法人が検査を行なっているはずですので、その保険証に記載されている法人に問合せをなさるといいと思います。

あと、構造材等の等級(ふし)などについては詳細な図面に記載がなければ、文句は言えません。
ある有名なハウスメーカーでは、良識ある大工さんが使わない残材を安くで買い付けて、自然派住宅として、一般的住宅よりも高い坪単価で提供しています。現在仕上材として広く使われているパイン材も2~30年前は、節や反りが多い安物としか使われていませんでした。
実際に見たわけではないので創造の範囲ですが、へこみは詳細な構造図がないのでプレカットで、間柱等用の切り欠きを余分に入れていただと思います。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
ArchiLabCAN@ybb.ne.jp tel.099-296-1156

=豊かな空間創造、幸福な時間=





ユーザー カズs498 の写真
カズs498

とてもご丁寧に説明いただきありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願いいたします。





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •