S-0515、重量鉄骨の3階建ての工法に関して(愛知県)

S-0515、重量鉄骨の3階建ての工法に関して(愛知県)

ユーザー ウラ の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
愛知県
現住所‐郡市区町村: 
名古屋市
ご相談の内容: 

ご質問失礼いたします。
重量鉄骨の3階建ての工法に関してお聞きしたいのですが、
重量鉄骨ラーメン構造で建築の場合は、
一般的にブレース(筋交い)は不要ですが、
 
軽量鉄骨のように
天井や壁にブレース(筋交い)しなくても、
構造計算上、何も問題ないのでしょうか?
 
 
またエアコンの配管を通す時に、
天井の隙間がないため、
重量鉄骨の梁に7cmぐらいの穴を開けて通した場合、
穴を開けた箇所は補強しなくても構造計算上、
問題ないでしょうか?
 
もし問題があればどのように穴を開けた部位を補強すればよろしいでしょうか?
 
お手数をお掛けして申し訳ありませんが、
ご回答よろしくお願いいたします。
 





コメント

ユーザー  五藤久佳デザインオフィス有限会社  五藤久佳 の写真
五藤久佳デザインオフィス有限会...

ウラ様
一宮市で設計事務所を営んでいます五藤久佳デザインオフィス(有)五藤久佳と申します。
鉄骨造、RC造、木造など、どんな工種でも対応させていただいています。
お問い合わせいただきましたご質問の重量鉄骨ラーメン構造と軽量鉄骨造ではその内容に大きな差があります。
当方のホームページをご覧いただきましてご興味をお持ちいただけましたら詳しくご説明させていただきたいと思います。ご連絡お待ちしております。





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

 詳しいことは、建築家の範疇ですので、建築主様が考えることではないと思いますので
 割愛させて頂きます。

①鉄骨造について 
 出来るだけ簡単に申し上げますと、柱と梁の接合部分を頑丈に造る(剛接合)場合は、
 ブレース(斜材)が不要です。この時、風や地震力、重力等で動こうとする力を応力といい、
 応力には、圧縮・引張力、せん断力、モーメント(回転力)の3つがございますが、
 短い柱や梁を除き、その大きさ(断面積)を決定する最大要因はモーメント力でございます。
 なので、鉄道橋梁の様に小さな部材や軽量部材で造りたい時は、回転には抵抗しない様に
 構造設計致します。風に対する風見鳥の様な考え方です。このような接合をピン接合と言います。
 但し、ピン接合だと建物としては安定しないので、三角形(トラス)の性質(他の多角形の様に
 力を掛けた時に潰れやすい事が無い)を利用したものがブレース構造です。
 つまり、部材の大きさは他の荷重の関係でそれぞれですが、柱・梁・筋違いの三角形を
 トラスの計算で全ての方向(X軸・Y軸・Z軸)で設計しているのです。
 よって、基本的には軽量鉄骨造の場合は部材寸法・強度からも剛接合はできませんので、
 ピン接合でのラーメンとなりますので、ブレースが必要となります。
 尚、高度な構造設計では他の考え方でブレースなしの軽やかな建築を創っている例も
 ございますが、一般的には住宅レベルではコストの面で現実性が低いです。
 また、ブレースは建築物の全ての箇所に入れる必要は無く、実際には構造的な要所に入れて、
 他の部分は垂直荷重に持たせるだけの設計を行なっている場合が殆どです。
 壁や屋根(←天井では有りません)に、建築物のモデル化したものを使って構造計算を行ない、
 ブレースの位置を設計いたしております。

②梁貫通は可能です。
 現代の建築は、私共建築家には遺憾なことですが、経済性(コスト)が第一優先される場合が
 殆どですので、超高層ビルを含めて階高を押える為に、通常的に梁貫通を行なっています。
 もちろん、法律・仕様書にて設置基準があり、それに従って構造設計が行なわれています。
 逆に言えば、設置箇所、口径、高さ、補強方法も定められていて、確認申請で審査機関に
 確認してもらっているので、現場で孔を開けて補強をすることは出来ません。
 特に耐震偽装事件以降は、意匠・構造・設備の整合性に足して厳しくなっています。
 また、方法は鉄板を工場にて工場にて予め溶接して材厚を増して補強して開孔します。
 因みに、H(型)鋼材では開口はウェブという梁の竪材に用いますが、ウェブはせん断力に耐え、
 座屈しづらくするものですので、曲げモーメントに耐える2枚のフランジという梁の水平材よりは
 薄くても大丈夫ということも、梁貫通を可能にしています。

今回の質問は、建築主からというよりも、建築を学ぶ学生さんや仕事を始めたばかりの方の様に
私は思えますが、如何でしょうか?
もし、知的好奇心があり、鉄骨造で住宅を考えている建築主様で、全てを納得した上で
家造りをしたかったり、プロを信頼して依頼できないのであれば、やはりご自分で然るべき箇所にて
学ぶしかないと思います。
私からは、手始めに『鉄骨構造(共著:鶴田明・寺田貞一・尾形素臣)』という私の恩師著作の本等を
お読みになることをお薦め致します。

弊社は、(公社)日本建築家協会に属していて(現鹿児島地域会役員)、建築物の質の向上と建築文化の創造・発展に貢献することを目的として、全国の建築相談は無料にて対応させて頂いております。
また、この建築家紹介センターでは、建築家依頼サービスの物件に対して弊社の業務となる可能性があるかどうかを現在は質問させて頂けませんが、ほぼ全ての建築質問サービスにボランティアで対応させて頂いております。
何か有りましたら遠慮なくご相談下さいませ。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
ArchiLabCAN@ybb.ne.jp tel.099-296-1156
=豊かな空間創造、幸福な時間=





ユーザー 3231 の写真
冨田妃登志建築地域研究所 冨田妃登志

加塩様(前者)の素晴らしい解答に私も勉強になっております。
さて、私なりの考え方として、ウラさんが少し建築の分かる方と想像して、ちょっとコメントを書きます。

重量鉄骨だからブレースは必要ないかな?どんなんだろう?
と思われているようですが、変形等を考えるに、入れた方が良い場合があります。
また、入れなければならない場合があります。

他に、階高の非常に高い場合。スパンの大きい場合等は一概には言えないと思います。

それに法律の耐火とか床の剛性とかに関係すれば必要になってきます。

建築を考えた場合、構造だけの問題ではなく意匠・法規にも拘わるケースもありますので、その場その物件ごとに違ってきます。





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •