S-0516、崖上の基礎工事の相場(神奈川県)

S-0516、崖上の基礎工事の相場(神奈川県)

ユーザー ひでき1229 の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
神奈川県
現住所‐郡市区町村: 
川崎市
ご相談の内容: 

崖上の基礎工事の相場
 
裏手に幅6.5mで高さ6m角度60度の崖がある土地に基礎工事をした場合のおおよその金額を教えて頂けないでしょうか。
土地は崖上で幅6.5m×奥行き12mです。建物床面積は6.1m×4.9mで考えています。
①安息角までの深基礎にしたとき ②擁壁としたとき があると思いますが、いくら位で想定しておけばよいでしょうか。
 





コメント

ユーザー 3231 の写真
冨田妃登志建築地域研究所 冨田妃登志

ご質問の内容から察して、プロの方だと思います。

私は2件ほどやった事がありますが、概算での金額は非常に危険です。
周辺状況の調査から、敷地での綿密な資料を元にしないと、大変な問題が発生します。

実際の所、建築の把握できる金額としては、安定した地盤に限ります。
土木の関係した物件であれば、治山治水の安心を考えていかねばなりません。
しかるに、土木がらみだと、水の関係では杭を打てば良い位の安易な考えでやってしまっては大変です。

金額を出すとすれば、責任は取れません。大問題になるケースをテレビなんかで見ていると思います。
正直な施工会社であれば、断るケースが多いと思われます。

かと言って、じゃ?ではいけないので、
責任なしと言う事で説明しますと。
私の場合周辺には問題が非常に無かった事を前提として、30~35坪で700万位掛けました。

同等の値段ですが、決してこの金額を参考にしないで下さい。
何度も言います。周辺の調査によります。

水は怖いです。とてつもない金額になります。
くれぐれも安易に考えないようにして下さい。





ユーザー オフィス・アースワークス一級建築士事務所 小松原敬 の写真
オフィス・アースワークス一級建...

横浜の設計事務所です。

擁壁はそれこそ状況によりますし、RC擁壁か間知石擁壁かによっても違います。ものすごく大雑把に言って4~7百万くらいが中心の価格帯ではないでしょうか。

深基礎はあまり深くなるようだとメリットありません。その場合は鋼管杭などが使われる事が多いです。
鋼管杭なら100万円前後から200万円くらいではないでしょうか。

しかしながらこれらは経験からの予想であって、正確さは保証はできません。





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

S-0516崖上の基礎工事の相場(神奈川県)

ひでき1229様

まず、このホームページは、設計監理専業者(建築家)のプロが登録している事をご了承下さいませ。
つまり、原則としては施工(管理)はやりませんので、実際の契約を保証する訳ではありません。
建築家の各皆様がご提示する金額は、過去の実績(歩掛)と物価傾向を鑑みた概算見積となります。

また、①の様に建築一体で工事をする場合の設計は、建築家の設計監理&施工会社の施工の
範疇ですので、概算を上部の荷重等を考慮して基礎の設計を行ない(つまり、建築物の計画後)、
概算見積をご提示することは可能です。

しかしながら、②の場合は、我々、建築家&構造設計家も取り扱うことも可能ですが、
基本的には、擁壁の確認申請(工作物)⇒擁壁の工事⇒完了検査(工作物)の後の、
建築家の設計監理&施工会社の施工となり、擁壁の設計や擁壁の施工(管理)は、
土木コンサルタントの設計監理&土木業者の施工が一般的でございますので、
そちらに問合せ頂いた方がより実際の見積に近い概算となります。
よって、土木コンサルタントか土木業者への問合せをお薦め致します。

さて、①の場合は、上記の様に、上屋の設計や敷地への建築物位置により基礎の設計は
変わりますので、一概には申し上げることは難しいです。
更に今回の場合は、建築物の配置が何れであっても5m以上の杭が必要となりますし、
この規模の住宅だとスケールメリットが無く、歩掛データの1.5~2.5倍となることが予想されます。
上記のことを全て納得した上で、単なる目安としての金額は、
川崎市の注文住宅の平均坪単価75万円/坪、木造の大型物件の造成工事歩掛かり15%/m程度を
根拠として算定すると、75万円/坪×0.15/m×約30㎡×0.3025坪/㎡×6m≒6,130,000です。
よって、住宅建築の当初の予算組みでは、920万円~1530万円程度(税別)と思えばいいと思います。

このついでに申し上げれば、この造成費は建築費用として考えるべきものではなく、
土地の価格に含めて考えるべきものです。
よって、殆どの『土地に格安物件はない』と言っても過言ではありません。
その上に地すべり等の設計責任以外のリスクを追っても、
景観の良さ等に住宅建築のウェイトを求めることがない限り、
住宅設計監理のプロとしてはお薦めできる土地ではありません。
(また、建築家は敷地を与えられた後の業務になりますので、
 土地の権利や災害に対しては建築家の職責は全く有りません。)
この点もご留意下さいませ。

弊社は、(公社)日本建築家協会に属していて(現鹿児島地域会役員)、建築物の質の向上と建築文化の創造・発展に貢献することを目的として、全国の建築相談は無料にて対応させて頂いております。
また、この建築家紹介センターでは、建築家依頼サービスの物件に対して弊社の業務となる可能性があるかどうかを現在は質問させて頂けませんが、ほぼ全ての建築質問サービスにボランティアで対応させて頂いております。
何か有りましたら遠慮なくご相談下さいませ。





ユーザー ひでき1229 の写真
ひでき1229

コメント頂いた先生方、ありがとうございます。
素人考えの甘い話に向き合って頂き恐縮です。
 土地購入前の段階なのですが、崖のことがクリアできればとてもいい物件なので、ヒントをいただきたく質問致しました。
 先生方ご指摘の個別具体的地盤調査は売主了解は難しい面が、取引慣行上あると思います。何か外観上判断する方法はないでしょうか。
 富田先生ご指摘の水の問題ですが、例えば崖の中間地層面からの湧水(地下水層露出)のようなお話でしょうか。崖面からの湧水がないかどうかがチェックポイントという理解でよろしいでしょうか。
 候補地はダム湖上流側の河岸段丘で、崖下は平坦な畑となっています。敷地は古屋解体後の更地、両隣に鉄筋3階建てのビルと木造2階建ての家屋が建っています。その辺ことから地盤の状態、建築確認の取り扱いをうかがい知れないでしょうか。また崖面は乾燥しており湧水はなさそうです。
 小松先生ご指摘の杭基礎は横浜市当局のホームページでも比較的詳細に崖条例解説として例示していましたね。先生の実務経験に基づく貴重なお話ですね。数値はあくまで目安なのは承知しました。
 加塩先生。候補地は川崎市街地ではなく山間部の土地です。土地を実際に購入したあとで業者手配を実行するという具体的精密な金額ではなくて、土地購入前のざっくりした責任のない金額(相場と表現した真意)を見当付けたく質問させて頂いたしだいです。建物重量はおよそ10tだと思います。





ユーザー 3231 の写真
冨田妃登志建築地域研究所 冨田妃登志

水の問題については、土木の関係者に伺って下さい。
山でも崖でも地盤は安定している訳ではないと思います。何千年の歳月を経て現在の状況になっているのですから、目視で判断は出来ないでしょう。
行政なんかで、ハザードマップが出てて、鉄砲水とかの調査が出ていると思います。
そちらの方でも調べて下さい。
とにかく、この物件は専門家に来てもらって判断すべきです。





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

ご連絡有り難うございます。

敷地は相模湖や津久井湖の沿岸でしょうか?
山間部では、都市計画法&建築基準法の都市計画区域・用途地域や、
宅地造成等規制法、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律等の土地に関する法律が
制定される前から建築された住宅もございますから、現在建築できるかどうかの判断を
先に調査なさってくださいませ。(以前は法律未制定の為、擁壁や杭等が必要ない場合もございます。)
また、調整区域かどうかは特にご留意下さいませ。

在来木造戸建て住宅(平家建て・2階建て)であれば、当面は隣地の鉄筋3階建ての設計前に調査した
資料が入手できれば、地下水位、支持地盤の高さは設計の想定は可能です。
ただ、何れにしても実際に設計依頼時には、当該敷地の地盤データは建築主にご用意頂く事になり、
そのデータに基いた設計や工事となるので、隣との地盤状態が全く違っていた場合のリスクは
建築主様が追うことになります。
よって、予算組みの状態でしたら、最悪の場合を想定なさった方が賢明だと思います。
(地盤調査の段取り、業者決定について弊社を含めて建築家がサービスで行なう事や、
 その費用について施工会社が立替えて工事費に含む事も通常的に行なっていますが、
 厳密に申し上げれば、地盤調査は施主のタスクであります事、ご認識下さいませ。
 ついでに申し上げれば、確認申請等の手続き、施工者を決定する競争見積等も施主のタスクです)

弊社では過去、10mを超える擁壁沿いに複合用途ビルを同時に建築する計画を行なったことも
ございますが、最大限に陸地を造成する必要が無ければ、杭基礎での対応の方が幾分安価と
なります。

風光明媚で、土地の価格も市街地からするとはかくの安さでしょうが、1~1.5千万上乗せしても
魅力があると思えるなら、計画を進めてもいいと思います。

理想の住宅建築を祈念します。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
ArchiLabCAN@ybb.ne.jp

=豊かな空間創造、幸福な時間=





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •