S-0519、位置指定道路に面した宅地を売買したい(福岡県)

S-0519、位置指定道路に面した宅地を売買したい(福岡県)

ユーザー 天才ランナー の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
福岡県
現住所‐郡市区町村: 
久留米市
ご相談の内容: 

位置指定道路(42条1項5号道路)に面した宅地を売買したいのですが、道路地権者全員(3名)の道路掘削承諾がもらえません。現在承諾するものは2名です。
道路地権者全員の承諾がなくても掘削できる方法はないですか。または、宅地購入者に位置指定道路の権利の一部を譲っても、地権者全員の承諾が必要ですか。





コメント

ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

結論から申し上げると、土地の利権関係については建築家の業務領域ではありません。
司法書士や弁護士へのご相談が適切です。
(我々、建築家の職責は位置指定道路の敷地について、どのような建築が出来るかどうかです。)

また、司法書士や弁護士のなかには、一級建築士免許をお持ちの方もいらっしゃいますので、
その様な方へのご相談が建築的な相談はより一層適切です。
しかしながら、今回は一級建築士よりも土地家屋調査士や宅地土地取引士の業務範疇だと
思われますので、これらの資格をもつ司法書士や弁護士が最適です。

因みに、少し過去の判例等を調べる過程で、
天才ランナーさんのような不動産業者の相談に応じている(公社)不動産流通推進センターも
ございますので、このような非営利団体にお尋ねすることも望ましいでしょう。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
=豊かな空間創造、幸福な時間=





ユーザー Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 の写真
Archi-Lab.CAN 建...

追記:

本来、そのような地権者の交渉を行ない、私道の覚書き・承諾書・同意書等を作成して、
売主と買主との売買でトラブルが起きないようにすることが、
天才ランナーさんのような宅地土地取引士の職責だと、私は思っています。
そこが、リアリターとブローカーの相違点ではないでしょうか?

ご自分の職責を果たし、建築主様の為にご尽力なさることを祈念致します。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
ArchiLabCAN@ybb.ne.jp

=豊かな空間創造、幸福な時間=





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •