S-399、柱脚アンカーの施行ミスについて(東京都)

S-399、柱脚アンカーの施行ミスについて(東京都)

ユーザー K. の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
東京都
現住所‐郡市区町村: 
昭島市
ご相談の内容: 

現在、新築工事中です。

基礎が出来き上がってから図面とアンカーの位置を確認している際に、
柱脚アンカーの位置が一箇所間違って打っていることに現場監督が気付きました。

その後、現場監督から正しい位置に穴をあけてケミカルアンカーにより処置したと
報告を受けました。
その処理に関して調べると、新築工事でケミカルアンカーによる施工を、
国土交通省が認めていないことを知り、HMに対して基礎のやり直しをお願いしました。

HM側は国土交通省で認めていないと認識した上で、会社として責任を持って
保証すると言っています。
また、第2案として、ケミカルアンカー処置した柱脚アンカーを切断して、
その箇所の壁を耐力壁せずとも耐震等級3は取れるとも言っています。

HM側は、第2案による対応で進めたいとのことですが、当方は
・ケミカルアンカーの問題に加えて、基礎の仕上がりが良くないこと
・柱脚アンカーの場所にケミカルアンカーで処置したことによる引き抜き体力が出ないこと
・ケミカルアンカーで処置したことで、その箇所に既に埋め込まれている鉄筋が破損していないか心配であること
・第2案で進行しても、新築において使用してはならない建築材料を使用しているので、基礎の強度に不安がある
 また、設計時の耐力壁がなくなることで品質が劣ること

このような点から、当方は基礎のやり直しを希望しているのですが、先方とは意見が平行線おり、
当方の希望は、本当に厳しいでしょうか。

合意に至らない場合は、HM側は第三者をたてて話し合うことも提案してきていますので、
HM側の案で進めるか。お互いに第三者をたてて話し合うべきかという点に関して
ご教授を頂きたく、よろしくお願い致します。





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •