S-0550、耐力壁や床材に開口部を設ける際の補強について(福島県)

S-0550、耐力壁や床材に開口部を設ける際の補強について(福島県)

ユーザー がんちゃん の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
福島県
現住所‐郡市区町村: 
福島市
ご相談の内容: 

新築を検討中です。
建物は総二階建て、木造、許容応力度設計による耐震等級3を設計して頂きました。
また、一種換気、エアコンによる冷暖房を計画しています。
建物外壁は面材耐力壁(片面、9mm)で覆い(内部には筋交い有り)、床は根太レスとしています。
 
ご相談ございましたのは、
①エアコン、換気扇等の配管を施工する際に、耐力壁や床材に開口部を設ける必要がありますが、補強の有無の判断や、補強する場合の方法についてご教授お願いできませんでしょうか?
 
②当方の仕様では壁に最大150mmの開口が必要らしいのですが、補強は必要でしょうか?
私が調べた限りですが、耐力壁については
木造軸組工法の許容応力度設計に、
・穴径が、12t(t:面材耐力壁の厚さ)以下かつ、L/6以下なら補強不要
・L/2 (910/2=455)までの場合、4周補強+釘打ち
と記載がありました。
個人的には面材耐力壁が9mmのため補強が必要ではないかと考えていました。
 
③床材について上記のような基準等ありましたらご教授お願い致します。
私が調べた範囲では見つける事ができませんでした。
ただ、地震時の水平力に対して床材はせん断力を受けると思われるため、一定規模以上の開口部は弱点になるのではないかと不安でした。
基準等がなければ、開口部を直線上や集約せずなるべくバラバラに配置する、支点(横架材付近)を避ける等、配慮すべき事項がありましたらご教授お願い致します。
 
お手数お掛け致しますがよろしくお願い致します。
 





コメント

ユーザー 株式会社松岡建築設計事務所 松岡耕輔 の写真
株式会社松岡建築設計事務所 松岡耕輔

がんちゃん 様

はじめまして、福岡市中央区にて設計・監理を行っている
株式会社松岡建築設計事務所の松岡と申します。
木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅、アパート、マンション、老人ホーム、幼稚園、倉庫、工場、工作物、堀車庫、擁壁まで、新築はもちろん増改築まで幅広く設計しております。

今回のご相談に関しては下記により判断出来ます。
①構造計算書ありますか。なければ構造計算が必要です。
 開口部分の応力状態を確認し、開口補強必要か必要ないかを判断します。
 床材の開口補強も同じく構造計算により判断します。

以上、ご検討下さい。

〒810-0014福岡市中央区平尾5丁目18-10
株式会社 松岡建築設計事務所
代表取締役 一級建築士 松岡 耕輔
TEL:092-526-3003 FAX:092-526-3005
E-mail:m-cad@mbp.nifty.com





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •