S-368、柱の移動について(茨城県)

S-368、柱の移動について(茨城県)

ユーザー admin の写真

ニックネーム:
miyuki

現住所:
茨城県つくばみらい市

建設予定地:
茨城県つくばみらい市

現在の状況:
軽量鉄骨2階建てに、5坪の木造軸組みで増築中です。
現在上棟まで終わったところで、母屋との接続開口部の前に柱が来ていることがわかり、
HMに指摘しました。
原因は、基礎のずれでした。
母屋の耐力壁の関係で、開口部はずらすことができませんので、
HMは柱を切り取って15センチずらすことを提案してきました。
しかしその柱は耐力壁の一部であると同時に、
大梁を支えている柱でもあります。

相談内容:

1)移動させた柱は、下部はホゾを組み、
上部はまっすぐの切り欠きではめ込む、
ということでした。
プラス羽子板ボルト。
これで、上下左右の力には大丈夫と思いますが、
前後の力には対抗するものがないように思えて、
非常に不安です。

2)柱移動後の大梁の支え方ですが、
移動した柱とその隣の柱に、
まっすぐの切り欠きおよび羽子板ボルトで新しい梁をかけ、
その梁の上に縦に柱の一部を置き、
さらにその上に大梁を載せる、ということでした。

本来柱で直接支えるべき大梁を、
間に新梁と縦柱の2つも噛ませることに、
強度上の不安を感じます。

またこの場合も、上下左右の力にはよくても、
ホゾを彫れないため前後の力には疑問があります。
しかもこの新梁は、1)の不安な移動柱に掛かっているのです。
HMはミスしてもすぐに、「金物で補強するから大丈夫」といいますが、
ならなぜ、HMはお金をかけてまで、プレカットでホゾを彫るのでしょう?

地震があったら大梁が落ちてくるかも・・・
と不安で寝られないような部屋を作るなら、
最初からやり直してほしいと思うのですが、
HMが大丈夫といっている以上、なかなかそうは言えません。

私が神経質なのでしょうか?
契約どおりのものができないのに、
契約どおりの金額を払わされるのでしょうか?
第3者の専門の先生のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか。

建築家への質問:特にありません





コメント

ユーザー admin の写真
admin

・ご相談への回答 :

基礎まで終わっているとのこと、
やり直しが難しそうな感じ、でもどうにかしたい感じ、
お察しします。

まずは今回工事で依頼している『工事監理者』にご相談を。
もし把握していないなら確認申請書などの
書類を見て、その中の『工事監理者』にご相談、
監理者意見、アドバイスをもらうのが良いでしょう。

どうしても『工事監理者』が見つからなかったら、
施工している会社に『工事監理者』の存在を確認する。

一つ一つ順番に詰めていけば、
なぜそうなったか、では誰がどう対処すれば良いか、
またそれにどう納得するか、
が見えてくるでしょう。
具体的な手直し方法はその後かと思います。

近くだったのでつい気になって出しゃばりました。
いい家が出来るといいですね。  

坂東市・匿名希望





ユーザー admin の写真
admin

ご心情お察しいたします。

> 移動させた柱は、下部はホゾを組み、
> 上部はまっすぐの切り欠きではめ込む、
> ということでした。
> プラス羽子板ボルト。

詳しいことは現場の状況などを見てみないと
わからないのですが
羽子板ボルトは梁が抜けるのを防ぐための
補強金物ですので引っ張りに耐える力はあっても
横からの力には耐力は期待できないと思います。

> 柱移動後の大梁の支え方ですが、
> 移動した柱とその隣の柱に、
> まっすぐの切り欠きおよび羽子板ボルトで新しい梁をかけ、
> その梁の上に縦に柱の一部を置き、
> さらにその上に大梁を載せる、ということでした。
>
> 本来柱で直接支えるべき大梁を、
> 間に新梁と縦柱の2つも噛ませることに、
> 強度上の不安を感じます。
>
> またこの場合も、上下左右の力にはよくても、
> ホゾを彫れないため前後の力には疑問があります。
> しかもこの新梁は、1)の不安な移動柱に掛かっているのです。
> HMはミスしてもすぐに、「金物で補強するから大丈夫」といいますが、
> ならなぜ、HMはお金をかけてまで、プレカットでホゾを彫るのでしょう?

やはり現場を見てみないとなんともいえませんが
ご心配はごもっともで
私も地震などで横から力がかかった場合の
強度に問題がありそうに思います。

ハウスメーカーからの提案を伺っていると
強度うんぬんというよりも
いつも使っている道具や金物で
現場の大工さんがやりやすい方法を
提案しているだけに感じます。

多分、全部最初からやり直しと言うことは
ハウスメーカーもしないと思います。

かと言って素人がハウスメーカーと話しあっても
うまく丸め込まれてしまいそうです。

どうしても柱をずらすのであれば
セカンドオピニオン的に構造設計者を自分でやとって
対応策をハウスメーカーと協議してもらって
構造設計者に支払う費用は
ハウスメーカーの工事費から差し引く
などをハウスメーカーと交渉してみてはいかがでしょうか?

PS:耐力壁の一部である柱をずらすということは
  確認申請上も書類を変更するか
  確認申請を出し直しする必要が出てくる
  と思うのですが
  そのへんは問題ないのでしょうか?

仲里空間設計工房
仲里 実
816-0924
福岡県大野城市栄町2丁目4-31 豊栄ビル205
092-573-2532
bzj00220@nifty.com





ユーザー admin の写真
admin

miyukiさまから下記のコメントをいただきました
相談をしめきります。
ありがとうございました。

「先生のご助言に従い、
思い切って構造計算のできる設計士の先生を
建築協会から紹介していただき、今週の土曜に現場で、
メーカーと先生と3者で打ち合わせ
をすることになりました。

補強についての確認などをしていただけるそうで、
これで安心して一ヶ月ぶりに
工事を進められると期待しています。
確認申請の計画変更は現在申請中だそうです。

遠方の案件にもかかわらず、
ご親切にアドバイスいただきまして
ありがとうございました。」





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •