S-437、古いブロック塀について売主の不動産会社に責任はあるのでしょうか(埼玉県)

S-437、古いブロック塀について売主の不動産会社に責任はあるのでしょうか(埼玉県)

ユーザー YS の写真
投稿者: 
現住所‐都道府県: 
埼玉県
現住所‐郡市区町村: 
越谷市
ご相談の内容: 

・現在の状態
1年数ヶ月前に不動産会社所有の土地を購入したが、
購入土地内で隣地境の古いブロック塀(4段)の
下部(地面の下)がL字型になっておらず、
土に埋まっているだけの状態であった、
(購入前には、4段と低いので
そのまま使えるとの説明があったと記憶している)
 
駐車場造成で、土を取り除くと倒れるとのこと、
また、このブロック塀には、隣家の玄関部のタイルが
くっついており、破損させずに取り除くのは困難とのこと。
 
 
・質問
1.
前所有者であり、売主の不動産会社に責任はあるのでしょうか。
2. どのように対処すると良いでしょうか。
メールアドレス: yshnrt@gmail.com
ニックネーム: YS
現住所-都道府県: 埼玉県
現住所-郡市区町村: 越谷市
 





コメント

ユーザー (有)ツルサキ設計 鶴崎健一 の写真
(有)ツルサキ設計 鶴崎健一

1、文面を見る限り不動産屋は問われないと考えられます。
2、工事する場合は、隣と交渉し、問題を排除の上、工事するのが賢明でしょう。





当サイトにログインすると
「この人にプライベートメッセージを送る」
というリンクが表示されて、
コメントを頂いた建築家にプライベートメッセージを送ることができます。
 
ログイン パスワードの再発行
 

建築家紹介センターについて

建築家紹介センターは建物を建てたい方と建築家・建築士・設計事務所のためのポータルサイトです。
建築家・建築士・設計事務所に仕事を依頼・相談したいけど敷居が高いと思っている方のためにいろいろなサービスを提供しています。
ぜひ、会員登録して各サービスをご利用下さい。
 
会員登録のメリット

  • 会員登録無料・月会費無料
  • いろいろなサービスを無料で利用可能
  • 建築家に気軽に相談・依頼できるサービスを利用できます。
  • オープンハウス・建築イベントなどの情報がメールで届きます。
  • 当サイトの会員建築家にプライベートメッセージで問い合わせすることができます。
  •