頭金なしのフルローンでも建築家に設計を依頼できるか?

設計監理料は住宅ローンで払うことができるか?

 
住宅ローンで借り入れできるのは建設する住宅の請負契約書に記載のある請負金額です。
しかし、建築家に支払う設計・監理料も住宅ローンに含めることができます。
下記はフラット35のホームページに記載されている住宅ローンに含めることができる費用の一覧です。
 
対象となる住宅の建設費・購入価額とはどのようなものですか?

① 設計費用または工事監理費用 請負契約書
② 敷地の測量または整地のための費用
③ 敷地内の既存家屋などの取壊しまたは除却の費用
④ 住宅への据付け工事を伴う家具を購入する費用
⑤ 住宅の屋根、外壁または住宅用カーポートに固定して設置される太陽光発電の設置費用
⑥ 太陽光発電設備の工事費負担金
⑦ 建築確認・中間検査・完了検査の申請費用
⑧ 適合証明検査費用
⑨ 住宅性能評価検査費用
⑩ 長期優良住宅認定関係費用
⑪ 住宅省エネラベル適合性評価申請手数料
⑫ 認定低炭素住宅の認定関係費用
⑬ 建築物省エネ法に基づく評価または認定に係る費用
⑭ ホームインスペクション(住宅診断)に係る費用
⑮ 住宅の敷地に水道管を引くための費用(水道負担金等)
⑯ 土地購入に係る仲介手数料
⑰ 融資手数料 取扱金融機関で算出した書類
⑱ 請負契約書に貼付された印紙代(お客さまの負担分) 請負契約書
⑲ 金銭消費貸借契約証書に貼付した印紙代(お客さまの負担分)
⑳ 火災保険料および地震保険料
 
借り入れる金融機関の住宅ローンによって、多少異なる可能性もあるので、詳しくは自分が住宅ローンを借りる予定の金融機関の担当者にお尋ねください。
 

設計料はいつ支払うのか?

 
支払いのタイミングは建築家との契約によって決まります。
基本的には基本設計完了時・実施設計完了時・着工時・上棟時・竣工時などの4~5回くらいに分けて支払う場合が多いです。
 
基本的に住宅ローンで融資を受けることができるのは建物が完成した後です。
普通に考えると完成時に融資を受けても設計料の支払いには間に合いません。
なので「頭金なしのフルローンの場合は、建築家に設計依頼できない」と考えている方もいらっしゃるようです。
 
しかし、建築家に設計を依頼しない場合でも、土地を購入する場合や着工時に工務店に建設費の支払いをするのは一般的です。
そのために、金融機関ではつなぎ融資や分割融資をなどの制度を設けています。
つなぎ融資・分割融資などの制度を利用すれば、頭金なしのフルローンでも建築家に設計を依頼することは可能です。
 

返済可能な金額であることが重要

 
結論として頭金なしのフルローンでも建築家に設計監理を依頼することは可能です。
 
ただし、頭金なしのフルローンで家をたてる場合は、本当に返済していけるのかをご自分でよくご検討ください。
 
不動産業者・建設業者などは、家賃と住宅ローンの返済額を比較して
「家賃より安くなります」
と強調します。
 
しかし実際には
・火災保険・地震保険などの保険料
・固定資産税などの税金
を支払う必要がありますし
・光熱費
は賃貸で暮らしていたとこよりも高くなる場合が多いです。
また、住宅のメンテナンスにかかる費用を残しておく必要があります。
 
また、業者の算出した住宅ローンの返済額はボーナス併用で計算されたものが多く
ボーナスの際には返済額が多くなっている場合があります
 
単純に家賃と住宅ローンの返済額を比較すればいいというものではありません。
上記の金額を計算に入れた上で返済できる金額であれば、頭金なしのフルローンでも構わないと思います。
頭金なしのフルローンでも建築家に依頼したいという方はぜひ建築家依頼サービスをご利用ください。
 

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.