床暖房にしたいけどコストが不安!というあなたに床下暖房のススメ!


 

床暖房のメリット

床暖房を検討しているあなた。
床暖房には下記のメリットがあります
 

足元が温かいので頭寒足熱

床暖房は足元から温める暖房方式です。
足元が温かいので頭寒足熱の理想的な暖房方式です。
 

温風を送るわけではないのでチリやホコリを舞い上げない

エアコンやファンヒーターは部屋の中に直接、温風を送ります。
強い風ではありませんが、チリやホコリを舞い上げる原因になります。
床暖房は床材を温める暖房方式なので、チリやホコリを舞い上げません。
 

直接、火を使うわけではないので安全

石油ストーブやファンヒーターの場合、部屋の中で直接、火をつかいますので油断は禁物です。
床暖房の場合は、直接、火を使わないので安全です。
  

 

従来の床暖房のデメリット

床暖房は上記のようにメリットの多い暖房方式ですが下記のようなデメリットもあります。
 

コストがかかる

床材に配管・蓄熱体・PTCヒーターなどを設置するためコストがかかります。
 

床の温度が高いので不快な場合も

床暖房では床材そのものを温めるため、床の温度が高くなります。
直接、床材の上に寝たり座ったりすると不快に感じる場合があります。
 

床材が限定される

床暖房の場合、床材そのものを温めるため、床材が限定されます。
床暖房に対応していない床材を使用した場合は隙間や反り・割れなどが発生する可能性があります。
  

 

床下暖房と床暖房の違い

床暖房にもメリット・デメリットがあります。
床暖房にしたいけどコストが不安という方はぜひ床下暖房を検討してみてください。
 
床暖房は床材そのものを温める暖房方式です。
床下暖房とは床下の空間を温める暖房方式です。
温めた空気を床面などに設置した吹き出し口などを通じて室内に導きます。
 
床暖房と同じようなメリットがありますが、コストは床暖房より安くなります。

床下暖房のメリット

 

まずは床下全体を暖めるため温風が直接、身体に当たらない

床下暖房の場合、まずは床下全体を暖めるため、温風が直接、身体に当たることがありません。
 

床下からじんわりあたたまるため頭寒足熱の快適な暖房になる

床下からじんわり温めるため、頭寒足熱の快適な暖房になります。
冷え性の方にはうれしいですね。
 

窓下に吹き出し口を設置してコールドドラフトを防げる

床下暖房の場合、窓際に床面に吹出し口を設けることでコールドドラフトを防ぐことができます。
 

従来の床暖房に比べてローコスト

床暖房の場合は床材そのものを温めるため、床工事の際に蓄熱材・配管・PTCヒーターなどを設置する必要がありました。
しかし、床下暖房の場合は床下空間を暖めるためのエアコンなどの熱源を設置するシンプルな工事なのでコストが安くなります。
 

床の温度が従来の床暖房に比べて低い

床下暖房の場合は床材を温めるのではありません。
床下空間を温めます。
そのため床暖房に比べて床そのものの温度は低くなります。
直接、床に座っても不快な暖かさを感じることはありません。
 

床材は限定されない

床暖房と違い、床下空間を暖めるだけなので特に床暖房用にこだわらずに床材を選ぶことができます。
無垢材のフローリングなども使用することができます。
  

 

床下暖房の注意点

 

すぐには温まらない

床下暖房の場合、エアコンなどの暖房に比べてすぐには温まりません。
寒くなる前から暖房を開始しておくなどの工夫が必要です。
補助暖房も設置しておいたほうがいいです。
 

必ず基礎断熱にする

床下の空気を暖めるためには必ず基礎断熱にする必要があります。
  

 

床下暖房の家を建てたいあなたへ

 
当サイトでは床下暖房を手がけている建築家がいます。
床下暖房の建物を建てたいと思っている方はぜひ建築家依頼サービスへ投稿をお願いします。
 

建築家依頼サービスとは

 
建築家依頼サービスは一般の方が簡単に設計を依頼できる建築家を探せるサービスです。 
建築家依頼サービスに投稿すると、床下暖房を手がける建築家を簡単に探すことができます 
床下暖房の建物の設計・監理を依頼したい方はぜひ建築家依頼サービスに投稿をお願いします。 
 

 

建築家依頼サービスの流れ

 
建築家依頼サービスの流れ
 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すまでたったの2ステップ 
依頼したい仕事の内容を書きこむだけで 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すことが出来ます 
  

  1. 依頼を記入する
    下記のフォームに建築家に依頼したい仕事の内容を書いて下さい。
  2.  

  3. 返信がメールで届く
    あなたの依頼を引き受けたい建築家から返信がサイトに掲載され、メールで届きます。
    返信を書いていただいた建築家にはプライベートメッセージを送ることができますので
    連絡をとりあってください。
    お断りする場合もお断りのメッセージを送っていただければ幸いです。

 

 

建築家依頼サービスの料金


 
建築家依頼サービスは会員建築家が支払う参加料で成り立っています。 
そのため、一般の方は無料でサービスを利用することができます。 
なので、参加していただいた建築家には誠実な対応をお願いいたします。 

床下暖房を手がける建築家

  
当サイトには床下暖房を手がける建築家がいます。
その一部をご紹介します。

画像 事務所名・名前 都道府県名 紹介文
ユーザー 環境創作室杉 杉 匠一 の写真
環境創作室杉 杉 匠一 千葉県

家造りは「家族にとって大切な何かを活かすこと」「暮らしに充足感が満ちる空間とすること」ジックリと創ります。

ユーザー H2O設計室 一級建築士事務所 共同主宰者(森 大樹 & 小埜 勝久) 管理建築士(森 大樹) の写真
H2O設計室 一級建築士事務所... 埼玉県

家作りは暮らし作りです。「プロの話しは解りずらいな」「本当に自分の納得の住まいが提案されているのかな」私達はそんな不安をクライアントに与えてはいないかをいつも気にしています。

ユーザー 環境創作室杉 杉 匠一 の写真
環境創作室杉 杉 匠一 千葉県

家造りは「家族にとって大切な何かを活かすこと」「暮らしに充足感が満ちる空間とすること」ジックリと創ります。

  

 
    

床下暖房の建物・設計事例

  
当サイトの建築家が手がけた床下暖房の建物の設計事例をほんの一部だけ紹介します。
   

メインの画像:
設計事例の名称

東中沢の家

建物の紹介文:

この敷地の難点は接する道路の交通量の多さ。そこで道路側は格子や塀で囲み開口も控えめに、反面隣地側は中庭や緑化テラスを緩衝帯として大きく開放して明るく広々とした空間としました。

メインの画像:
建物の紹介文:

60㎡の敷地で住宅が建て込み、三方隣家に囲まれていて北側に道路があります。
しかしさほど広くないその道路を挟んで小石川植物園と向き合っているので、緑の恩恵に浴することができます。南側には高さ約10mの住宅が迫っており、その上からいかに太陽光を取り込むかが課題でした。

メインの画像:
設計事例の名称

小青田の家

建物の紹介文:

落ち着いた居間の空間に吹抜けと立体的に楽しめる動線を造り、光や風と共に子供の声が降り注ぐイメージを取り入れています。
オリジナル左官、秋田杉、和紙などで仕上げています。温水暖房機による床下暖房は堀炬燵の熱源として使う事もできます。

 

床下暖房関連の依頼事例一覧

 

     

 

投稿する前のご注意

 
 
建築家依頼サービスは一般の方は無料で利用できますが、下記の点にご注意ください。 
  

冷やかし半分での投稿はご遠慮ください

 
  
当サービスは真剣に建築家に仕事を依頼したい方のためのサービスです。冷やかし半分での投稿はご遠慮ください。 
  

できるだけ返事をしてください

  
  
建築家依頼サービスで返信を頂いた建築家にはできるだけ返事をするようにしてください。お断りする場合でもプライベートメッセージなどを使って連絡いただければ幸いです。 
  

 

建築家依頼サービスの安心安全宣言

 
・条件が悪くても大丈夫です
・しつこい営業はありません
・個人情報を入力する必要はありません
・設計士に依頼すると高くなるとは限りません
・リフォームでも依頼可能です
・土地がなくても申し込み可能です
・小さい仕事でも依頼可能です
 
詳しくはこちらをご覧ください。
  

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区