建築家・建築士・設計士の違いとは?

建築家とは?

 
昔は「建築設計を業務として行っている者の中で特に世間やマスコミなどから認められて建築家と呼ばれるようになった者」みたいな印象がありました。
しかし、最近では別に誰からも認められていない者でも建築家を名乗っている感じがします。
法律などで決められた名称ではないので、基本的には誰が名乗っても特に問題はないようです。
場合によっては、建築士でないものが建築家を名乗っている場合もあります。
建築士法の第三十四条に「建築士でない者は、建築士又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない。」と決められています。
建築家という名称は充分に紛らわしいと思うのですがそれを理由に逮捕されたという話は聞いたことがないので特に違法ではないようです。
 
当サイトは当初、「施主と建築士の広場」という名称でした。
ところがどうも「施主」という言葉が一般の方にはわかりにくいようだったので名称を変更することにしました。
その際に「建築家紹介センター」とするか「建築士紹介センター」とするかで迷いました。
 
試しにgoogleで「建築家」と「建築士」で検索してみました。
「建築士」は主に「建築士の資格を取りたい人向けのページ」が多く表示されました。
「建築家」は主に「建物を建てたい方向けのページ」が多く表示されました。
 
当サイトは「建物を建てるために設計者を探している人」向けのページにしたかったので「建築家紹介センター」と名付けました。
 

設計士とは?

 
設計を業務として行っている者の総称です。
特に資格を持っていないものでも名乗ることができます。
 

建築士とは?

 
国家資格の試験に合格して建築士の資格を取得した者だけが名乗ることができます。
建築士法という法律で規定されています。
一級建築士、二級建築士及び木造建築士があります。
主に建築の設計・監理・工事現場の監督などの仕事をしている方が多いです。
建築士の資格を持っているけど、他の仕事をしている方もたくさんいます。
 

建築士事務所とは?

 
建築士が建物の設計・監理などの仕事を業務として行う場合には建築士事務所を開設します。
一般的には設計事務所と呼ばれます。
ちなみに建築士事務所は開設者が建築士でなくても、管理建築士を雇えば開設することができます。
工務店や建設会社・ハウスメーカーなども建築士事務所の登録をしている場合がほとんどです。
 

管理建築士とは?

 
建築士事務所を開設する場合には必ず管理建築士が必要になります。
一級建築士、二級建築士及び木造建築士のどの資格の建築士でもなることができます。
管理建築士になるには建築士として3年以上の設計その他の国土交通省令で定める業務に従事した後、国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う管理建築士講習の課程を修了する必要があります。
 
管理建築士の仕事は建築士法では下記のように書かれています。
「管理建築士は、その建築士事務所の業務に係る次に掲げる技術的事項を総括するものとする」
 

建築家・建築士に仕事を依頼するには?

 
当サイトでは建築家・建築士に仕事を依頼したい方のための建築家依頼サービスを行っています。
建築家・建築士に仕事を依頼したい方はぜひ、下記からご投稿ください。
 
建築家依頼サービス
 

建築家・建築士・設計士の違いとは? | 建築家紹介センター

エラー

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。