吉村寿博建築設計事務所 吉村寿博さんの設計事例

●メインの画像 設計事例の名称 建物の紹介文
変形中庭のある住宅+美容院

南側が公園に面した、比較的ゆったりとした住宅街の一角に位置する住宅。 南面はしているが奥行のある敷地形状のため、敷地手前と奥側の双方に採光と通風を確保することが設計の手掛かりとなった。敷地手前の趣味室は床を少し掘 り下げて建築高さを抑え、奥側の建物に光が届くよう配慮している。

自然光がやわらかく回り込む家(吉村寿博建築設計事務所)

「心地よさ、自分らしさ」を強く求められていました。初期の打合せの中で出てきた話に、柳宗理がデザインした片手鍋の話があります。鍋の縁を歪ませるというちょっとした工夫が、調理における機能性を数段高めているという実例ですが、イメージの共有に大変役に立ちました。

究極のワンルーム住宅(究極のバリアフリー住宅)

タイトル:究極のワンルーム住宅(究極のバリアフリー住宅)