ロフトで小屋裏を有効活用


 

小屋裏とは

 
小屋裏とは屋根と天井との間にできる空間のことです。
通常は天井板によってふさがれています。
ロフトや小屋裏物置などにすることで有効に活用することができます。
 

 
 

小屋裏

ロフトとは

 
ロフトとは屋根裏にある部屋のことです。
天井の下でなく直接屋根の下にあります。
物置として使われることが多かったようですが、居室として使われることもあります。
アニメの中でアルプスの少女ハイジや小公女セーラなどが住んでいた部屋もロフトです。
 
下記の小屋裏物置の項目で明記しますが
「小屋裏に部屋を設ける場合は基準通りにして物置として使わなければいけない。居室として使ってはいけない」
と思い込んでいる方もいるようです。
階数・床面積に含めれば普通に居室として使っても問題ありません。
 

 

小屋裏物置とは

 
小屋裏を物置として使う場合は小屋裏物置と呼ばれます。
 
小屋裏に物置を設ける場合、基準通りにすれば床面積・階数に含めなくてもいいということになっています。
基準は通達などに従う場合が多いようで、地域によって微妙に異なっています。
・天井高は1.4m以下
・面積は直下階の1/2以下
という点はどこの地域でも共通しているようです。
 
容積率が厳しいところで少しでも収納を確保したいという場合などには有効な手段です。
 

 

ロフトのメリット

 

小屋裏の空間を有効に活用できる

切妻などの屋根の場合は、ロフトを設けないと小屋裏はすべて天井裏になります。
ロフトを設けると一般的には使っていない天井裏の空間を有効に活用できます
 

基準に沿った小屋裏物置にすれば同じ床面積でも収納が増える

基準に沿った小屋裏物置にすれば床面積を増やさずに収納を増やすことができます。
容積率の制限が厳しい場合などに有効です。
 

天井高が高くなる

ロフトと下の部屋を吹抜でつなぐと
ロフト下の部屋は天井が高くなり開放的な空間になります。
 

子どもが喜ぶ

子どもはロフトのような空間が大好きです。
どうせ建てるなら子どもが喜ぶような家を建てたいですね。
  

 

 

ロフトのデメリット

夏場の暑さに注意が必要

屋根裏に設けるので屋根からの熱がダイレクトに伝わってくる上、温かい空気は上に上がる性質がありますので暑くなりがちです。

基準に沿った小屋裏物置にする場合は使い勝手に注意が必要

小屋裏物置にして、階数・床面積に入らないようにする場合はいろいろな制限があります。
使い勝手が悪くなってしまって、結局、ほとんど使わないという事にならないように注意が必要です。
 

 

 

ロフトのある家を建てるならぜひ建築家に

  
ロフトのある家を建てたい方はぜひ建築家に依頼することをご検討ください。
当サイトの建築家依頼サービスではロフトが得意な建築家に依頼することができます。
  

 

建築家依頼サービスの流れ

 
建築家依頼サービスの流れ
 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すまでたったの2ステップ 
依頼したい仕事の内容を書きこむだけで 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すことが出来ます 
  

  1. 依頼を記入する
    下記のフォームに建築家に依頼したい仕事の内容を書いて下さい。
  2.  

  3. 返信がメールで届く
    あなたの依頼を引き受けたい建築家から返信がサイトに掲載され、メールで届きます。
    返信を書いていただいた建築家にはプライベートメッセージを送ることができますので
    連絡をとりあってください。
    お断りする場合もお断りのメッセージを送っていただければ幸いです。

 

 

建築家依頼サービスの料金


 
建築家依頼サービスは会員建築家が支払う参加料で成り立っています。 
そのため、一般の方は無料でサービスを利用することができます。 
なので、参加していただいた建築家には誠実な対応をお願いいたします。 
   

 

ロフトが得意な建築家

 
当サイトには多くの建築家がいますので、ロフトのある建物を手がける建築家もたくさんいます。
その一部をご紹介します。

ユーザー 星設計室 一級建築士事務所 星裕一郎 の写真
千葉県

心地よいこと、楽しいこと、ワクワクすることを大切に設計をしています。
ローコストや狭小敷地にも積極的に取り組んでいます。

ユーザー 大島功市建築研究所 一級建築士事務所 大島功市 の写真
東京都

”めい”が”トトロ”に初めて出会ったあの有名なシーン…”トトロ”のような建築をつくり”めい”のようにクライアントをワクワクさせたい!

ユーザー bews/有限会社ビルディング・エンバイロメント・ワークショップ一級建築士事務所 井坂幸恵(いさかさちえ) の写真
東京都

敷地の個性をいかして「建築の個性」に +  やわらかな印象の明るく流れるような空間

+++

長い事務所名は,「建築環境をデザインする協働作業の場」といった意味です.

  

 

ロフトのある建物の設計事例

 
当サイトの建築家が手がけたロフトのある建物の設計事例をほんの一部だけ紹介します。
  

とにかく9坪に満たない敷地面積と、第1種低層住居専用地域にかかる法的制限のなかで、いかに豊かな空間をつくりだすかという点と、SOHOとして日々の大部分をこの家で過ごすため、機能的なことや居心地の良さなど、とことん施主ご夫婦のライフスタイルに寄り添った家作りを目指してきめ細かい打合せを根気よく重

法規制が厳しい一種低層地域で、斜線関係が厳しい中、階高を工夫しながら地下1階・地上2階のボリュームを外部空間を取り込みながら考えた。
冷暖房は輻射を利用したPS冷暖房を採用…冷温水を流すことで冷暖房をしている。

オーナーは既に何棟かアパートを持っているため「入居率の下がらない魅力的な賃貸集合住宅を」とのご要望.敷地の3方向に開けた眺望を最大限活かす中庭アプローチの四葉のクローバーのようなプランを提案し快諾.住まい手の視点でデベさんとプランニングからディテール・外構まで打合せし,自然素材も多用しました.

 

 

ロフト関連の依頼事例一覧

 

このページでは建築家相談依頼サービスの依頼事例のうち、ロフトというタグのつけられたものを表示しています。

タイトル
I-4204、建築費用としてどれぐらいを見込むべきか(東京都)
I-4121、確認申請は自分では専門知識がなく……(静岡県)
I-4017、これから建てる家の設計監理(千葉県)
I-3935、狭小 間口狭 ガレージ付3階建(東京都)
I-3912、自然の景観をインテリアにする家(東京都)
I-3898、改築にご相談にのってくださる建築家(群馬県)
I-3812、高気密高断熱の自宅建築(愛知県)
I-3799、段差がある土地に重量鉄骨の地上4階建(神奈川県在住・建設予定地は静岡県)
I-3780、セルフビルドで管理棟兼住宅、トイレ、露天風呂(茨城県)
I-3636、ロフトの建築基準法上の規定ですが……(大阪府)
I-3363、木造アパートの新築計画(東京都在住・建設予定地は神奈川県)
I-3075、住宅を検討している場所環境は……(東京都)
I-2980、店舗併用共同住宅の建築(静岡県在住・建設予定地は東京都)
I-2934、女性一人住まいできるローコスト住宅(愛知県)
I-2929、狭小住宅(平屋)がお得意の方(東京都在住・建物は千葉県)
I-2918、狭小物件がお得意な方(神奈川県)
I-2772、工場を低予算で住宅にリフォーム(愛知県)
I-2729、3階建て(1Fにインナーガレージ)(千葉県在住・建設予定地は兵庫県)
I-2715、ハーフビルドしたい(広島県)
I-2704、自宅の建替え(東京都)

ページ

 

 

投稿する前のご注意

 
 
建築家依頼サービスは一般の方は無料で利用できますが、下記の点にご注意ください。 
  

冷やかし半分での投稿はご遠慮ください

 
  
当サービスは真剣に建築家に仕事を依頼したい方のためのサービスです。冷やかし半分での投稿はご遠慮ください。 
  

できるだけ返事をしてください

  
  
建築家依頼サービスで返信を頂いた建築家にはできるだけ返事をするようにしてください。お断りする場合でもプライベートメッセージなどを使って連絡いただければ幸いです。 
  

 

建築家紹介センターの安心安全宣言

 
・条件が悪くても大丈夫です
・しつこい営業はありません
・個人情報を入力する必要はありません
・設計士に依頼すると高くなるとは限りません
・リフォームでも依頼可能です
・土地がなくても申し込み可能です
・小さい仕事でも依頼可能です
 
詳しくはこちらをご覧ください。
  

 

建築家依頼サービスの投稿は今すぐこちらから

 
 
建築家依頼サービスへの投稿は今すぐこちらのフォームからお願いします。 
  

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.