土地探しの段階から建築家を活用するメリット

ユーザー 建築家紹介センター 仲里 実 の写真

土地探しの段階から建築家を活用する

 
土地を探す場合、いきなりインターネットで土地情報を検索して不動産業者に問い合わせる方が多いのですが、当サイトでは土地探しの段階から建築家を活用する事をオススメしています。
不動産業者の話だけを聞いて土地を購入するのに比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

不動産業者だけで土地探しをするデメリット

不動産業者

不動産業者業者は不動産取引の専門家ではあるが建物の専門家ではない

 
不動産業者は不動産取引の専門家ですが、建物の専門家ではありません。
もちろん、建物のことも多少は知っていますが、本当に基本的なことを知っているに過ぎません。
土地には容積率・建蔽率・道路斜線・採光斜線・隣地斜線などいろいろな規制があります。
一体、どんな建物を建てることができるのかは、実際に設計する建築家に相談するのが一番です。
 

取引を成立させたいため、都合の悪いことは言わないこともある

 
不動産業者は土地取引が成立した場合の仲介手数料から利益を得ています。
不動産業者には重要説明事項といって最低限、説明するべき項目が定められているのですが、それ以外で、取引成立の妨げになりそうな都合の悪い情報はあえて教えてくれないこともあるようです。

不動産業者は高い土地を仲介するほど儲かる仕組みになっている

 
土地+建物の合計予算には限りがありますので、あまり高い土地を買うと、その分、建物の予算を減らさなければいけなくなります。
土地を購入する場合は、全体の予算を考えて適正な価格の土地を買うことが大切です。
ところが不動産業者の場合は、土地価格に応じて自社のもらえる仲介手数料がきまるので高い土地を仲介するほど儲かる仕組みになっています。
なので不動産業者としては高い土地を薦めることが多いようです。

建築家に土地を見てもらうメリット

 
 

設計の専門家なのでどのような家を建てられるか判断できる

 
建築家は常に建物の設計をしていますので、その土地にどのような建物を建てることが可能なのか判断することができます。
なので、土地を買う前には設計を依頼する建築家に見てもらってから購入することをオススメします。

第三者の立場で土地を見てもらえる

 
建築家は土地取引から利益を得ていません。
なので、その土地の問題点・悪い点などを第三者の立場で指摘することができます。

予算のバランスを考えてもらえる

 
総予算が決まっているので、土地と建物の価格のバランスは大切です。
必要以上に高くて広い土地を買ってしまうと、ものすごく環境が良くて交通の便もいい土地を買ったけど、建物の予算が少なすぎて小さくて貧相な家しか建てる事ができない・・・ということになってしまいます。
土地を購入する前にはぜひ、設計を依頼する建築家に土地を見てもらってから購入することをオススメします。

相場より安い土地を探せる可能性もある

 
たとえば、狭小地・変形している敷地・高低差がある土地・傾斜地などは一般的な整形で平坦で平均的な広さの土地よりも安く売られていることが多いです。
しかし、設計上の工夫をすることで狭小地・変形地・高低差がある土地・傾斜地でも住みやすい建物を建てる事が可能になる場合があります。
そのような土地を見つけた場合はぜひ購入前に建築家に相談してみてください。

土地探しの手順

土地を探す場合は次のような手順を取ることをおすすめしています。
 
1、信頼できる建築家を探す
     ↓
2、ネット・不動産業者などから土地情報を仕入れる
     ↓
3、気に入った土地が見つかったら建築家にも見てもらう
     ↓
4、土地を購入して、家作りを始める。
 
当サイトの建築家依頼サービスは土地探し中に方でも利用することができます。
ぜひ、下記から申し込みしてみてください。
 
建築家依頼サービス