囲炉裏|建築家の設計事例

改修工事か新築か最後まで悩みました。結果使えるものは再利用し、以前のイメージを損なわないような新築にしました。

長野県の民家の古材を使い、落ち着いた雰囲気で客を迎えたり、社員の研修、保養に使いたい。
露天風呂を設置して緑濃い景色を満喫しながら、入浴できる

3世代の大家族が暮らす。緑が溢れ、広くゆったりと落ち着いた空間として計画しました。

土間と火遊び(薪ストーブや囲炉裏)は、セットとなることが多い。

100年以上経過した町家を大事に維持管理しているお施主様は、家いじりと庭いじりが大好きです。

合屋邸はもともとは中級家臣の邸宅の長屋門でした。その歴史は江戸時代にまで遡ることができます。

囲炉裏|建築家の設計事例 を購読