家全体を温める玄関土間・株式会社 アトリエ創一級建築士事務所 宮坂英司さん


 
暖炉を玄関土間に設置すると、床のコンクリートが暖炉の熱を蓄熱し家全体を暖める空間になります。
 
土間について株式会社 アトリエ創一級建築士事務所 宮坂英司さんにお話を伺いました。
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー 株式会社 アトリエ創一級建築士事務所 宮坂英司 の写真
一宮市木曽川町玉ノ井稲荷浦39
0586-84-3551

 

貴社が土間のある家を手がけたきっかけがあれば教えてください。

 
そうですね。
まずは自邸の設計の時に、家は小さくても玄関は広くしようと玄関土間を広くした事がきっかけです。
その後、玄関からつながる広い土間空間に対して、理解あるクライアントさんに多く出会えたのも設計案件が増えたきっかけかも知れません。
 

土間のメリット・デメリットを教えて下さい。

 
わたくしの自邸がそうですが、玄関土間が広いと、家が小さくても家が大きく感じる(感じさせる)事ができます。
また、組み立て式の家具等を玄関で組み上げ所定の場所に搬入する事もできます。
 
デメリットですが、しっかり断熱を考えないと、土間空間が寒く感じてしまうことでしょうか。
また、床面積が増えてしまうのも、デメリットになってしまいます。
 

土間のある家を設計する上で注意している点を教えて下さい。

 
自邸の経験から、土間空間が冬場、寒く感じないように断熱をしっかり検討しています。
また、土間が広い場合に、間仕切り戸などで区画できるようにすることにも配慮しています。
 

 

東白川村の二世帯住宅は玄関が大きな土間になっているのですね。玄関土間のメリットを教えて下さい

 
東白川の家の場合、この土間が家全体を暖める空間となっています。
暖炉を玄関土間に設置していますので、床のコンクリートが暖炉の熱を蓄熱してくれています。
 
また、土間が来客のお迎えの場となっていまして、応接の役割を果たしています。
工作をしたりする事もでき、玄関だけの用途にとどまらない、多目的な空間となっています。
 

 

ハウスメーカーや建設会社ではなく貴社に土間のある家を依頼するメリットを教えて下さい。

 
ハウスメーカーでは、大きな土間空間を平面的に取り込んでいくのは、今時はなかなか難しいように思います。
 
私たちのように、何も制約のない一から造り上げる設計事務所の方が、土間のある空間を有効に活用できる平面構成を造り上げ易いと考えています。
 

土間のある家を建てたい方になにかアドバイスがあればお願いします。

 
先にも書きましたが、土間は多目的な空間にもなりますので、小さな家ほど有効な空間になると思います。
 
しかしながら、あまり無配慮に作りますとどうしても、暑い、寒いに影響を与えます。
そのあたり、設計者さんとしっかり相談をされて、良い土間のある家になるように、頑張って欲しいと思います。
 

設計事務所での家づくりに興味がある方になにかアドバイスをお願いします

 
消費税の影響もあって、設計事務所での家づくりに、高いハードルを感じていらしゃる方々が増えたように感じています。
それでも、ハウスメーカーさんの建築コストの高騰に、お困りの方々も多いとお聞きします。
  
設計事務所は、みなさんに広い門戸を開いています。
あまりにローコストの家はできにくいご時世にはなってしまいましたが、気軽に設計事務所に家づくりの相談を持ちかけて欲しいと思っております。
 
 

株式会社 アトリエ創一級建築士事務所 宮坂英司さんの土間・設計事例

 

画像 建物の名称 紹介文
東白川村の二世帯住宅

東白川村ののどかな雰囲気の中で、二世帯住宅を提案させて頂きました。玄関を兼ねた大きな土間を介して、親世帯、子世帯がちょうど良い距離をたもちつつ住まう事のできる住まいは、この家の一番の個性です。

瀬戸市の家

購入された土地が南たれの敷地で、なかなか良いプランが出てこず、半ば諦めかけておられた時に、アトリエ創にて同じような傾斜地の案件のオープンハウスを開催しており、そちらにご参加いただいて、アトリエ創に設計を依頼してくださいました。

 

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都