省エネルギー|建築家の設計事例

鯖江市の市民による環境活動のセンターとして整備された施設であり、自然エネルギーの活用を第一の目標に置いた実験的な省エネ建築です。ここで試みた以下の環境装置の試みは、全国の小規模オフィスビルで可能であり、今後の応用を期待しています。
○ 換気

寒冷地岩手の住宅
高い断熱性能により、厳寒期でも
薪ストーブ一台(一日数時間のみ)で全室暖房

「2014年住まいの環境デザイン・アワード LiVES賞」

主に地域の木材を構造材や仕上げに使い、自然素材を使った内外装

地域の木材を中心に使い、耐震・断熱改修と共に、住みやすい間取りへ変更

一般的なコストの材料を用いていながら、完成した瞬間での設計ではなくその後のメンテナンスを考慮して使用材料を選択している。ネット社会での多くのフェイクな事に踊らさせることなく、オーナーや賃貸者が望む生活を豊かなにするマンションとなっている。

省エネルギー|建築家の設計事例 を購読