必要なものは自らの手で作って行くハーフビルド・空間スタジオ 遠藤泰人さん


 
ハーフビルドとは建物を建てるにあたり、プロの手である段階まで作ってもらい、途中から建て主が工事を引き継ぎ、完成(生活のできる状態)にもって行く建て方です。
 
ハーフビルドについて空間スタジオ 遠藤泰人さんに伺いました。
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー 空間スタジオ 遠藤泰人 の写真
渋谷区代々木4-23-13エトワール代々木302
03-3379-1571

 

ハーフビルドとは何ですか?

 
建物を建てるにあたり、プロの手である段階まで作ってもらい、途中から建て主が工事を引き継ぎ、完成(生活のできる状態)にもって行く建て方と考えています。
 

貴社がハーフビルドを手がけたきっかけを教えて下さい

 
私自らも、卒業論文で3階建ての木造住宅のセルフビルドに挑んだ経験があります。
またセルフビルドの建物をいろいろ訪問したりしました。
 
必要なものは自らの手で作って行くと言う生き方に憧れていました。
当時は自力建設という言葉があり、文明批評的な行為だったと思います。
(ビートニックからヒッピーの流れです。)
 

 

ハーフビルドの確認申請などもやっていただけますか?

 
当然です。
どの段階を法的な完成と考えるかは、確認機関と相談して決めました。
その完成形に関して確認申請を行い、その段階が終わった所で完了検査を受けます。
 

ハーフビルドのガレージなども支援していただけますか?

 
勿論ですが、イメージとしては架構をセルフビルドするという感じですね。
 

ハーフビルドすると費用はどれくらい安くなるのでしょうか?

 
どこをもって完成とするかによって全く異なりますが、まあ1/3から半額というイメージです。
 

店舗のハーフビルドの相談にものっていただけますか?

 
勿論です。
 

1000万円のハーフビルドの家の依頼者からはどのようなご希望があったのでしょうか?

 
最初は自分で全部やりたいというご希望をお持ちでした。
 
建物の内容に対するご要望は、ご夫婦と猫一匹が暮らせて、仕事(IT関係)が楽しく出来る、暖かい家にしたいというようなシンプルなものでした。
また、一段高くなっている南側の土地に将来建物が建っても陽が射すようにしたい、という課題もありました。
 

 

そのご希望をどのように叶えたのでしょうか?

 
建て主と相談し、作業に使える時間を考慮して、より現実的なハーフビルドに切り替えました。
私が懇意にしていた工務店に事情を話し(なかなか理解しにくかったようです)雨露がしのげる所までの工事をお願いしました。
 
建て主は電気工事の免許を取り、屋内配線工事は平行して行いました。
めでたく完了検査を迎え、そのあとの工事は殆どの建て主一人です。
 
完了検査の段階では、ユニットバスもむき出し、便器もむき出しという状態です。
室内はいくつかの建具(自分では後でうまくできそうもない)の他は、柱が立っているだけで、床もネダレス合板のままでした。
 
建て主が自らフローリングを張り、ランバーコアで本棚を作り、それを柱の間に埋め込んで間仕切りとして、だんだん住宅としての姿になっていったわけです。
 
そういう大雑把なやり方を成立させるには、家中均一に暖かいひとつの空間とする事が必要です。
そこは設計者の能力にかかっています。
 
外張り断熱・床下断熱として、天井近くの暖気を床下に引き入れて、全館一室暖房を実現しています。
懸案だった冬の日射しは、ハイサイドライトから取り込み、家の奥まで日射しは届きます。
 

ハーフビルドで建物を建てたい方からの相談にのっていただけますか?

 
私の事務所ではハーフビルドを目指す方の相談に無料で載っております。
ハーフビルドと言っても、建築としての「格」が必要だと思っております。
そういうことを理解いただける方は大歓迎ですので、ご連絡ください。
 

空間スタジオ 遠藤泰人さんのハーフビルド・設計事例

  

画像 建物の名称 紹介文
1000万円のハーフビルドの家

空間スタジオが設計監理し建て主自身も工事に参加して完成したハーフビルドの家です。居住性とコストを建て主と一緒に追求した暖かい家です。

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区