小さい家でゆとりのある生活


 

大きな家は本当に必要ですか?

 
 
家を建てたい方のご希望を聞くと予算は少ないのに必要以上に広い家を希望されていることがあります。 
本当に大きい家は必要なのでしょうか? 
よく検討してみることをオススメします。 
 

広い土地が必要になる

 
大きい家をたてるためには広い土地が必要になります。 
広い土地は価格も高いので、たくさんのお金が必要になります。 
 

建築費が高くなる

 
大きい家を建てるためには建築費もたくさん必要になります。 
 

メンテナンスコストも高くなる

 
家を建てた後はメンテナンスが必要になってきます。 
大きい家は屋根・外壁の面積も広いので、メンテナンスする場合も多くのお金が必要になってきます。 
 

冷暖房費・税金も高い

 
大きい家は冷房するにも暖房するにもたくさんのエネルギーを必要とします。 
その分、冷暖房費も高くなります。 
また固定資産税なども高くなります 
 

大きい家は掃除も大変

 
大きい家は掃除も大変です。 
若いうちはいいですが、老後に大きな家を一人で掃除することを考えてみてください。 
 

家具代も高くなる

 
大きい家に住むためにはそれなりに大きな家具が必要になります。 
似たような家具でも大きな家具ほど高くなります。 
 

大きな家は老後の負担に・・

 
 

金利も高くなる

 
ほとんどの方は家を建てる際にローンを利用すると思います。 
ローンを利用すると金利がかかります。 
たくさんのお金を借りればその分、金利として支払う金額も大きくなります。 
 

老後の子供室は物置になる

 
子どもたちが独立した後、子供室は物置になってしまうことが多いようです。 
その場合でも掃除などは必要です。 
手間がかかるだけでメリットはありません。 
 

ローンの支払いは老後の負担

 
35歳で35年ローンを組んだと仮定すると支払いが終わるのは70歳になります。 
一般的な会社の定年は60歳だと思いますが、その後の10年間は収入がないのに住宅ローンは払い続ける事になります。 
 

 

 

小さい家のメリット

 
 

土地が狭くてもいい

 
小さい家であれば土地は狭くても問題ありません。 
狭い土地は割安で販売されることが多いです。 
 

建築費が安くなる

 
小さい家は坪単価は割高になることが多いのですが、総額で比べると大きな家に比べて建築費も安くなります。 
 

メンテナンスコストも安くなる

 
小さい家は屋根も外壁も小さくなります。 
そのため、メンテナンスコストも安くなります 
 

冷暖房費・税金も安い

 
小さい家は冷暖房費も安くなります。 
固定資産税などの税金も安くなります 
 

掃除も楽になる

 
部屋も小さくなりますので、掃除も楽になります。 
ただし、狭い土地に階数を増やして建てた狭小住宅の場合は階段の昇り降りが大変になる場合もあります。 
 

家具・雑貨代も安くなる

 
小さい家に住むと家具もスペースにあったものを買うようになります。 
また生活に必要な雑貨も必要な物を厳選して買うようになります。 
家具・雑貨代も安くなります。 
 

ローン・金利負担が軽くなる

 
小さい家は大きい家に比べて家造りにかかる総額が少なくなります。 
そのため、ローンの総額も少なくなります。 
毎月のローンの金額が少なければ生活も楽になります。 
また、借りる期間を短くして早く返済するようにすると金利の総額を減らすことができます。 
 

 

小さい家を建てるなら建築家に

 
 

ハウスメーカーは広い家を建てたい

 
ハウスメーカーに依頼するとできるだけ広い家をすすめることが多いようです。 
なぜならハウスメーカーは広い家を建てて工事費が多いほど儲かるようになっているからです。 
 

小さい家は設計が重要

 
小さい家は狭いスペースで暮らせるように様々な工夫が必要です。 
設計が重要になってきます。 
ハウスメーカーでは素人の営業マンが間取りを考えることもあるそうです。 
小さい家を建てる場合はできるだけ小さい家の得意な建築家に相談・依頼することをオススメします。 
 

 

 

建築家相談依頼サービスについて

 
 
建築家相談依頼サービスは一般の方が簡単に相談・依頼できる建築家を探せるサービスです。 
建築家相談依頼サービスに投稿すると、小さい家の得意な建築家を簡単に探すことができます 
小さい家を建てたい方はぜひ建築家相談依頼サービスに投稿をお願いします。 
 

建築家相談依頼サービスの流れ

 
建築家依頼サービスの流れ
 
相談・依頼を引き受けてくれる建築家を探すまでたったの2ステップ 
相談・依頼したい仕事の内容を書きこむだけで 
相談・依頼を引き受けてくれる建築家を探すことが出来ます 
  

  1. 相談・依頼を記入する
    下記のフォームに建築家に相談・依頼したい仕事の内容を書いて下さい。
  2.  

  3. 返信がメールで届く
    あなたの相談・依頼を引き受けたい建築家から返信がサイトに掲載され、メールで届きます。
    返信を書いていただいた建築家にはプライベートメッセージを送ることができますので
    連絡をとりあってください。
    お断りする場合もお断りのメッセージを送っていただければ幸いです。

建築家相談依頼サービスの料金

 

建築家相談依頼サービスは会員建築家が支払う料金で成り立っています。 
そのため、一般の方は無料でサービスを利用することができます。 
なので、参加していただいた建築家には誠実な対応をお願いいたします。 
 

 
 

小さい家の得意な建築家

 
 

 

 
 

小さい家の設計事例

 
 

ご夫婦と未就学の二人のお子様をもつ、キャンプが趣味の明るいご家族の住まいです。

1000ccクラスのバイクを室内に入れるためには土間部分が必要です。小さな面積にバイクと暮らしを別にすると中途半端になるため、1回のほぼ全部を土間にし、逆に広いダイニングキッチンとなり自由度が増しました。料理をする時も食事をする時、大切なバイクをいつもそばに感じる事ができます。

道路に面する農業用倉庫を店舗、敷地北端の物置を離れ住宅とし、それらに隣接する2階建て納屋は解体した。納屋の跡地は中庭とすることで、各棟の独立性と採光や通風を確保した。

リニューアルにあたり、最新の法規制の対応、断熱材の仕様グレードを上げ、壁通気屋根通気等を確保し、より住みやすい設計を行いました

リニューアルにあたり、最新の法規制の対応、断熱材の仕様グレードを上げ、壁通気屋根通気等を確保し、より住みやすい設計を行いました

ページ

 

  

小さい家の相談・依頼事例

 
 

 

 

建築家相談依頼サービスについてよくある質問

 
 

 

投稿する前のご注意

 
 
建築家相談依頼サービスは一般の方は無料で利用できますが、下記の点にご注意ください。 
  
冷やかし半分での投稿はご遠慮ください 
  
当サービスは真剣に建築家に相談・依頼したい方のためのサービスです。冷やかし半分での投稿はご遠慮ください。 
  
できるだけ返事をしてください 
  
建築家相談依頼サービスで返信を頂いた建築家にはできるだけ返事をするようにしてください。お断りする場合でもプライベートメッセージなどを使って連絡いただければ幸いです。 
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
狭小住宅|建築家の設計事例 を購読