竹林風洞

●設計事例の所在地: 
京都府
●面積(坪): 
53.46
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

当社のアトリエ兼自宅、コンセプトは「竹林風洞」。
温度や湿度を一定に保つことで、自然を楽しみながら自然に左右されない室内環境を確立しました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

当社のアトリエ兼自宅、コンセプトは「竹林風洞」。
風と光をはらむ竹林、竹林と一体となる洞窟の
ような建築、という意味が込められています。
前庭、中庭、裏庭と外部空間と室内を交互に
配置するこちで、光と風が行き来する
気持ちのいい空間になりました。

その他の画像: 

ホール

アプローチのタイルは、玄関からホールへ、そして中庭の竹林へと続きます。
珪藻土が天井まで広がる壁が、中庭からの光と風をやわらかくたたえています。

ダイニングスペース

建物の奥にプライベートエリアを配置しています。
1階にキッチンとダイニングでコミュニケーションのスペース、2階が寝室と水回りでリラセーションのスペース。

キッチン

機器をすべてを扉の奥とカウンターに収納したキッチン。
3.6mのカウンターには最大10人立つことができます。

竹林から

竹林から眺めるキッチン。
窓を開け放して、庭と一体で楽しめるスペースです。
ホール、中庭からキッチンまで同じタイルを敷き詰めて、連続性を強調しています。

キッチン夜景

ビュッフェテーブルにもバーにも使える広いカウンター。
夜が更けたら照明を落として、ゆっくり腰掛けたくなるキッチンです。

主寝室

2階はリラクセーションのスペース。ベッド・ソファ・バスルームのレイアウトは
さながらリゾートホテルの一室。壁や間仕切りを作らないことで、スイートルームのような広がりを感じられます。

主寝室方向

勾配天井が落ち着きを与える寝室方向。中庭に臨む窓で閉塞感とも無縁です。
ベッドは他の家具同様、この家のためにデザインしたオーダー家具です。

バスルーム

寝室とつながるバスルームは白のタイルに白のバスタブ、洗面カウンターは白の人工大理石で作りました。
それぞれ畳2枚づつ程度のスペースですが、壁面をガラスで仕上げて開放感が得られます。

デッキ

事務所棟と住宅棟をつなぐブリッジにデッキ材を敷き詰めて、展望台のようなスペースを作りました。
中庭の竹林が上まで伸びて、空中庭園の様相です。

中庭夜景

設計者

ユーザー 有限会社アーキシップス古前建築設計事務所 古前極 の写真
オフライン
Last seen: 2日 7時間 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言