集まる家

●設計事例の所在地: 
愛知県瀬戸市水北町
●面積(坪): 
76.5坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

LDKとその上の子供たちだけの空間「ひみつ基地」
母親の目の届く場所に子供たちだけの空間を作りました。
ひみつ基地はLDK(1階)のロフトですが、玄関(1.5階)からは小さな子供でも簡単に上ることができます。
LDKには化粧梁を利用した建築化照明で空間全体を明るく照らしています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

二世帯住宅なのでお互いの騒音などを気遣うことなく、しかしお互いの気配を感じあえる、一つ屋根の下感をバランスよく出した家づくりをしたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

自分が「住みたい!」と思える家づくりをしているところ。
木を活かした家づくりを得意としているところ。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

傾斜している敷地の建物の南と北側でそれぞれ高低差700㎜の設計GLを設けました。建物内部もスキップフロアにして、0.5階、1階、1.5階、1.75階、2階の5層構造にしました。玄関は北側に配置し1.5階から入ります。三世帯住宅のため玄関を大きくとり、玄関中央にわざと障害物になる化粧柱を設けることにより親世帯と子世帯のそれぞれの上り框から分かれて室内に入るようにしました。家族構成は曾祖母+祖母の親世帯と夫婦と子供6人の三世帯住宅です。子世帯は8人家族がそれぞれの私有物を収納できるように玄関ホール内にロッカーを設けました。玄関からは直接親世帯・子世帯に行くことができ、親世帯は主に1.5階と2階が生活の場、子世帯は1階と1.75階と2階が生活の場になります。共用で0.5階部分に床下収納庫を設けました。
子供たちが多く集まり、仲よく暮らせるように1.75階部分にひみつ基地(ロフト)を設け、母親の目の届く位置に子供達だけの空間を設けました。ひみつ基地には1.5階の玄関からも直接入ることができ、一般的なロフトに比べて小さい子供でも一人で上ることができる高さに設計してあります。子世帯の2階も間仕切りや建具が一切ない大空間にして、子供たちが家具や物を置いて自分たちで好きなように空間を仕切り、自由な発想で暮らせるように計画しました。スタディーコーナーと図書室を設けここで子供が並んで勉強します。2階スタディーコーナーと1階ダイニングキッチンを伝音管で結び、食事の支度やその他用事があるときはこれを使い、よりひみつ基地としての雰囲気を出します。
親世帯と子世帯の間仕切りは1階・2階共に防音壁にすることで、それぞれの生活の騒音を気にすることなく暮らすことができます。
軒の出を1000mmとすることにより夏の日差しを防ぎ、雨の日でも窓を開けっ放しで生活できます。また、越屋根を設けることにより夏季の熱気を越屋根から排出できる自然を利用した空調設備を設けました。環境にやさしい家

依頼者の声: 

「完成してから、毎日子供たちや自分の友達が多く集まりやすい家になったのは、当初から思い描いていた通りの家づくりになりました。」「毎日子供たちが楽しく暮らしています。」「子世帯で騒いでいても、親世帯では静かに暮らせます」

その他の画像: 

設計者

ユーザー 吉村紳 一級建築士事務所 吉村 紳 の写真
オフライン
Last seen: 3年 3ヶ月 前
登録日: 2013-09-12 22:06

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言