山中湖の別荘

●設計事例の所在地: 
山梨県南都留郡
●面積(坪): 
63.00㎡(19.0坪)※設計対象面積
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

築50年を超える中古別荘を買って、リノベーションしようというプロジェクト。
冬でも利用できるよう薪ストーブを設置し、設備を現代化しながらも、ノスタルジックな雰囲気を残したデザインを心がけました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

冬でも遊びに来れるよう、薪ストーブを設置したい。
和室は読書室にしたい。
キッチンと浴室は老朽化が激しいので一新したい。
既存の浴室には、入り口に大きな段差があるので、両親に安心なようにバリアフリー化したい。
昭和30〜40年代の雰囲気を醸し出せれば嬉しい。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

既存の建物の持つ雰囲気を尊重しながら、老朽化した設備関係の刷新を中心に、派手な操作を避けて計画しました。
20帖の広間は部屋を明るくしたいとのご希望から壁に白い珪藻土を塗り、天井と床は既存の仕上げ材を磨き上げ、補修するにとどめています。
新しく据えられた薪ストーブは古い建物全体を、優しく暖かに包み込みます。
小さな和室は床の間と押入を取り去り、書棚に作りかえて読書室に生まれ変わりました。
浴室はタイルの腰壁と浴槽を取り去り、それらを檜で作り替えました。
また脱衣場と浴室とのレベル差を、床に檜のスノコを敷いて解消し、お年寄りにも安心で開放感のある空間にしています。

依頼者の声: 

「薪ストーブの暖房力は強力で、就寝前まで暖房してから火を消して寝ると、朝まで家中がホカホカで、とても満足。
ヒノキの浴室はおじいちゃん、おばあちゃんにはもちろん、海外からの友人にも大好評です。」
というお言葉を頂きました。

その他の画像: 

メインの広間は、壁を白い珪藻土で一新し、既存の床を磨き上げ、傷んだ天井を補修しました。
この建物が建った当時の様子に想いを馳せられる空間です。
画面右側にチラッと見えているのはバーカウンターにもなる大きなダイニングテーブル。
別荘という非日常空間を演出するワンポイントです。

読書室に生まれ変わった和室。
床柱を残したことと、ちょっとレトロな照明器具が「昭和」を思わせる空間です。

読書室から周囲の緑を楽しめます。
まさに別荘ライフ。
ゆっくりとした時間が流れます。

キッチンは隣接する読書室や広間と違和感のないデザインを目指しました。

キッチンセットはシンプルで機能的に作り替えました。

浴室は浴槽を含め、腰下をヒノキで一新することで、総ヒノキ風呂へ生まれ変わりました。
採用したヒノキの浴槽は、ホテルなどでも採用されているお手入れに手間がかからないタイプで、お湯がやわらかく感じられます。
窓を開けると、山中湖のさざ波が遠くに聞こえるようです。

設計者

ユーザー 星設計室 一級建築士事務所 星裕一郎 の写真
オフライン
Last seen: 1日 3時間 前
登録日: 2012-07-24 10:29

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家依頼サービスを行っています。
建物の設計者を探している方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家依頼サービス・目次
建築家依頼サービス・トップページ
建築家依頼サービスの流れ
建築家依頼サービスの特典
建築家依頼サービス・お客様の声
建築家依頼サービスの料金
建築家依頼サービス・最近の依頼事例
建築家依頼サービスのよくある質問
建築家依頼サービスの安心安全宣言