スケルトン階段とパティオの家

●設計事例の所在地: 
八王子市散田町
●面積(坪): 
34
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

「スケルトン階段がインテリアの主役」
この家は北側道路で、比較的駅が近い市街地に
位置しており隣家が接近しています。
プライバシ−を保ちながら充分な採光を得るため
建物中央にパティオを設けました。
 写真は玄関ホ−ルです。
パティオから光が階段のシルエットを
美しく演出します。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

近燐住戸とのプライバシ-を考慮した窓の配置をすること。
家族3人+犬1匹がストレスなく暮らす事が出来る動線。
高気密、高断熱で夏涼しく冬温かい家。
バリアフリ-を採用した安全な家。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

家族の生活を考えた使いやすい動線。
3者コンペの中で一案現実的なプランだった。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

構造:「在来+外張り断熱二重通気工法」
屋根:洋瓦                          
外壁:JP吹き付、窓・樹脂+アルミ複合サッシ
内部 床:くり無垢フロ−リング(床暖仕様)
      一部:マブスト−ン
    壁:珪藻土 天井:クロス貼り
階段:木製

その他の画像: 

玄関ホ−ルからリビングを望む、玄関とホ−ルは天吊りのスクリ−ンウォ−ルで仕切れます。  

吹き抜けの天井にはインテリアファンを設置、上部の空気をかくはんします。

リビングから階段を望む、階段で2階と繋がっています。

ダイニングからリビングを望む、正面壁はアクセントの板張り、開口は隣家からの
     視線をカットするため高窓にしています。

2階から階段越しにリビングを望む、視覚的にリビングと2階は繋がっている。

2階ホ−ル、パティオ+リビングから光が注ぐ
日中の照明は不要

「天井が高く開放的」
大きなサッシは上部FIX,
下部は3本引き+電動
シャッタ−です。
冬季は充分日照を入れ
夏季はシャッタ−を下し
遮光します。

リビングからダイニングを望む
 庭側(南)は隣家の視線もないため可能な限り大きな窓として
います。

テラスとリビングの床段差は極力少なく、リビングと繋がった空間としました。

設計者

ユーザー 株式会社ド-ム建築設計事務所 十文字洋一 の写真
オフライン
Last seen: 1年 11ヶ月 前
登録日: 2014-11-28 17:29

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言