府中の家(ペットとゆったり暮らす家)

●設計事例の所在地: 
東京都府中市
●面積(坪): 
49.1
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

この住宅での生活の中心的な場所であるダイニングです。

ダイニングの正面(南側)には屋根のかかる大きなポーチがあり、その先に南庭が広がるという構成です。

上記のポーチにより庭から引きのあるダイニングですが、食卓テーブルを置く位置の上部に、やや大きめのトップライトを設けこの家の中でも特に明るい場としました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

建て主さんの主なご希望は、
「それぞれのスペースがゆったりした家」
「将来は1階だけでも生活ができる家」
「軒が深く、シャープで白い家」
といったものでした。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

以前にこの建て主さんのご親戚の住まいを設計させて頂きました。
その住まいやその際の設計・監理に対する姿勢をご評価頂いたものと思っています。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

この住宅は、仕事を引退されたご夫妻が、愛犬と共に郊外の住宅地に移住してゆったりと暮らすための住まいです。

比較的広い敷地であったことから、愛犬を放す庭を可能な限り大きく残しながらも、1階に生活の場の大半を設けた住宅です。

内装や建具に使用した木は、1階はタモ材、2階は桐とスプルス等の無垢材、壁は漆喰塗、床はフローリングとタイル、石を使用した自然素材の家です。

既製の建材や石油化学製品の使用を極力少なくすることで
「ホンモノの素材による味わいと暖かみのある家」
となることを期待した住まいです。

その他の画像: 

東側道路面の外観。
この敷地は南側の表通りと東側の生活道路に面した角地です。
南側は愛犬をはなす庭とし、この東側道路側を人と車のアプローチとしました。
東側は平屋で軒の深いファサードとして優しく人を招くことを意図したものです。

敷地の北側に位置する玄関です。
大きな軒下の玄関を入るとトップライトからの光が降りそそぐ明るい場が人を迎えるようにしたものです。

玄関と南庭との間に位置するダイニングです。
写真左手の窓の外が南庭、正面左手の奥がリビング、正面がデスクコーナー、右手の引き戸の先が玄関です。
食卓テーブルの上部に大きめのトップライトを設けることにより、木製天井の落ち着いた空間でありながらも、このテーブル廻りは前述の玄関よりも更に明るい場としました。

ダイニングよりキッチンを望む。
ダイニングと一体的な場とした明るく開放的なキッチンです。
左手はキッチンとつながる食品・雑品庫、キッチンの手前は造付けの配膳カウンター。
この配膳カウンターはキッチン側、ダイニング側双方から利用できるようにしました。

ダイニング脇のリビングです。
ダイニングとは独立した、家族が静かにゆったりとした時間を過ごす場です。
正面は南庭、左手は薪ストーブ。

2階の階段室より主寝室を望む。
階段、廊下共巾1mのゆったりしたスペースです。

2階南側の主寝室です。
屋根の形態をそのまま利用した勾配天井の寝室です。
南側のバルコニーの先は、正面の小公園の緑を借景としています。
床・天井とも肌に優しく調湿性能も高い桐の無垢材、壁は漆喰で仕上げました。

2階北側の書斎です。
寝室同様、床・天井とも桐の無垢材、壁は漆喰で仕上げた部屋です。

ダイニングと南庭の間に設けた大きな屋根のかかるポーチです。
正面のシャワーは愛犬用のものです。

南側道路面の外観(夕景)です。

設計者

ユーザー 中川龍吾建築設計事務所 中川龍吾 の写真
オフライン
Last seen: 1年 6日 前
登録日: 2012-07-24 10:09

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言