セルフビルドの設計・工事監理・確認申請を依頼したい方へ

セルフビルド

セルフビルドとは?

 
セルフビルドとは自分の家を自分で建てる事です。
もちろん自分ですべてを作ることも可能です。
 
また、ハーフセルフビルドと言って、大変なことや危険なことはプロに任せて比較的簡単なことだけを自分でやることでもできます。
 
私としては
・設計・工事監理を建築士に
・基礎工事を基礎業者に
・棟上げまでの木工事を大工さんに
・給排水工事を給排水業者に
・電気工事を電気業者に
依頼することをオススメします。
 
こうするとかなり楽をすることができると思います。
 

セルフビルドに資格は必要か?

 
法律的に自分の家を自分で建てることは特に問題ありません。
 
しかし、木造住宅の場合、100m2を超えるか、3階建以上の場合は設計・工事監理は建築士でなければすることができません。
(地域によっては条例によって上記の数字が違うことがあります)
工事監理というのは工事が設計図通りに行われているかどうかを確認する仕事です。
 
電気工事は電気工事士でなければ行うことができない部分があります。
給排水工事は公設の上水道管に繋ぐ部分については自治体の指定した業者でないと工事できない場合があります。
 
必要な部分だけをプロに依頼すれば比較的、楽にセルフビルドすることができます。 
  

セルフビルドと確認申請

  
延べ床面積が100m2以下・3階建て以下の木造建物は自分でも設計・工事監理を行うことが可能です。
確認申請も一応、受け付けてくれます。
ただし、一般の方が確認申請を出す場合は、提出するべき書類・図面が増えます。
特に姉歯建築士の構造計算書偽装事件以降は審査などが厳しくなっています。
詳しくは自治体の建築審査課などでご確認ください。
 
100m2を超えた場合は建築士に設計・工事監理を依頼する必要があるので、確認申請も建築士に依頼した方がいいでしょう。
  

確認申請を建築士に依頼するメリット

 

提出する書類が減る

 
建築士が確認申請を提出する場合は、確認申請の手続きを簡略化してもいいということになっています。
そのため、提出すべき書類・図面の枚数が減ります。
 

変更がしやすくなる

 
確認申請に書いた部分を変更する場合には確認申請の変更届けを提出する必要があります。
ご自分で確認申請をされた場合は、提出書類の数が多いので、ちょっとした変更でも変更届を出さなければいけなくなることが考えられます。
建築士に確認申請を依頼する事で細かい部分を変更しやすくなります。
 

工事監理をしてもらえる

 
ご自分の建物なのでもちろん念入りに施工されると思いますが、知らずに手抜き工事になってしまうことになる可能性があります。
建築士に工事監理を依頼していると
「ここの釘の間隔はは100mm以下にしてくださいね」とか
「ここにはこんな金物を付けてくださいね」とか
指摘してもらえますので助かります。
また中間検査などが必要な場合はその手続をしてもらうことができます。
 

アドバイスをもらえる

 
ご自分でわからないことはアドバイスをもらうこともできます。
また、建築士の知っている業者を紹介してもらうこともできます。
  

建築家依頼サービスとは

 
建築家依頼サービスは一般の方が簡単に設計を依頼できる建築家を探せるサービスです。 
建築家依頼サービスに投稿すると、セルフビルド支援・セルフビルドの設計・工事監理・確認申請をしてもらえる建築士を簡単に探すことができます 
セルフビルドで家を建てたい方はぜひ建築家依頼サービスに投稿をお願いします。 
   

建築家依頼サービスの流れ

 
建築家依頼サービスの流れ
 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すまでたったの2ステップ 
依頼したい仕事の内容を書きこむだけで 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すことが出来ます 
  

  1. 依頼を記入する
    下記のフォームに建築家に依頼したい仕事の内容を書いて下さい。
  2.  

  3. 返信がメールで届く
    あなたの依頼を引き受けたい建築家から返信がサイトに掲載され、メールで届きます。
    返信を書いていただいた建築家にはプライベートメッセージを送ることができますので
    連絡をとりあってください。
    お断りする場合もお断りのメッセージを送っていただければ幸いです。

  

建築家依頼サービスの料金


 
建築家依頼サービスは会員建築家が支払う参加料で成り立っています。 
そのため、一般の方は無料でサービスを利用することができます。 
なので、参加していただいた建築家には誠実な対応をお願いいたします。 
   

セルフビルド支援を手がける建築家一覧

 

このページではセルフビルドの設計事例を掲載している建築家の一覧を表示しています。
すべての建築家一覧はこちら

画像 事務所名・名前 都道府県名 紹介文
ユーザー 岩田建築アトリエ 岩田 和哉 の写真
岩田建築アトリエ 岩田 和哉 愛知県

愛知県名古屋市を中心に住宅の設計活動をしています。
肌着のような心地よい、家づくりをしています。

ユーザー 小栗建築設計室 小栗康資 の写真
小栗建築設計室 小栗康資 愛知県

名古屋の南、知多半島は半田市の設計事務所です。依頼者の要望を尊重した「居心地のいい空間」だけでなく「はっとするような美しい空間」ともなるよう心掛けて設計をしております。下記のサイトもどうぞご覧ください。

ページ

 
 

セルフビルド関連の設計事例

 

予算がなければ自分でするしかりません、電気・大工・水道・ガラスなどいろいろ不足分はセルフビルドになりました。

荒壁といっても長野では竹ではなく葦を使うそうですが竹の方がいいということになり岐阜から運んで施主が編んだり、長野市まで土を買いに何回も行ったり来たり。
階段はスロープになり暖房はペチカこれも施主がレンガを積んでセルフビルド、何からなにまで普通と違った家づくりでした。

ローコストながらパッシブソーラーハウスなので庇の長さなどはきっちり夏冬の太陽高度から導かれる長さをもっています。
開口のガラスの多さもそのため、ハメ殺しガラスを多めにしてコストダウンをはかる、キッチンはオーダーのステンの天板ですが下部はセルフビルド。

『御手洗ミュージアム構想』で取り組んだ基礎調査を経て、まず必要とされた「宿泊事業」の受け口として、大正時代に建設された趣ある病院が新たにゲストハウスとして改修された。

ここでは、関わる全ての人が地域資源の価値を再考するために「資源の再配置化」をコンセプトにしており、建築家は、段階的に地元の小中学生や大人と意見交換を繰り返しながら、施工業者と一緒になって住民にも実行できる建設プロセスを構築しています。

本サイトで監理を依頼されたセルフビルドの物件。ヒノキを多用しているため、香りが楽しめる。1LDK+事務所。

建築が好きで、モノをつくることが好きだったご夫妻が、自分たちのセカンドハウスを時間をかけて作りたいと希望された家です。
設計事務所の紹介で天竜まで材を見に行き、丸太も自らが磨き上げ、家族みんなの想い出が詰まった家になりました。

設計事務所の仕事場として、実験的に作ったアトリエです。
汚れてもカッコよく見えるように、荒木を自身でサンダーを掛けラフソーンを作りだし 塗装も自然塗料を使い、自身で行っています。
ブルージーンズのような建物です。

ページ

  

セルフビルド関連の依頼事例一覧

 

このページでは建築家相談依頼サービスの依頼事例のうち、セルフビルドというタグのつけられたものを表示しています。

タイトル
I-2539、ログハウスをセルフビルドで建てたい(埼玉県在住・建設予定地は沖縄県)
I-2522、倉庫兼事務所の確認申請(福岡県)
I-2517、別荘の増築(静岡県)
I-2510、16畳の小屋をセルフビルドしたい(埼玉県在住・建設予定地は栃木県)
I-2495、セルフビルドを応援して頂ける設計士さん(愛知県)
I-2484、RC造平屋25坪程度の住宅(福岡県)
I-2473、キットハウスを輸入してのセルフビルド(東京都)
I-2461、倉庫の建築確認申請書(埼玉県)
I-2439、セルフビルドで400m2の鉄骨造り工場(富山県)
I-2416、建築確認申請書の提出(千葉県)
I-2390、建築確認申請と必要な書類作成(東京都在住・土地は千葉県)
I-2322、カリフォルニアにあるようなサーファーズハウス(群馬県)
I-2290、8坪程度の小屋のセルフビルドのお手伝い(神奈川県)
I-2282、古民家リノベーション、再築(新潟県)
I-2197、2x4建築のスモールハウス(千葉県)
I-2187、確認申請代行もしくは個人申請するにあたり書類作成のアドバイス(沖縄県)
I-2155、建築確認申請の代行(熊本県)
I-2140、セルフビルドかハーフビルドを考えています(静岡県)
I-2089、鉄骨ガレージをセルフビルド(栃木県)
I-2061、建築確認申請書類一式のご依頼(千葉県)

ページ

   

確認申請関連の依頼事例一覧

 

このページでは建築家相談依頼サービスの依頼事例のうち、確認申請というタグのつけられたものを表示しています。

ページ

  

投稿する前のご注意

 
 
建築家依頼サービスは一般の方は無料で利用できますが、下記の点にご注意ください。 
  

冷やかし半分での投稿はご遠慮ください

 
  
当サービスは真剣に建築家に仕事を依頼したい方のためのサービスです。冷やかし半分での投稿はご遠慮ください。 
  

できるだけ返事をしてください

  
  
建築家依頼サービスで返信を頂いた建築家にはできるだけ返事をするようにしてください。お断りする場合でもプライベートメッセージなどを使って連絡いただければ幸いです。 
   

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
セルフビルド|建築家の設計事例 を購読