風情と迫力のある古民家を再生・芦田 成人 建築設計事務所 蘆田 成人さん


 
風情と迫力のある古民家を上手く活用できれば歴史とその建物が持つポテンシャルの恩恵に授かることが出来ます
 
古民家再生について芦田 成人 建築設計事務所 蘆田 成人さんに伺いました。
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー 芦田成人 建築設計事務所 蘆田 成人 の写真
丹波市青垣町東芦田452番地
0795-87-0632

 
 

貴社が古民家再生を手がけたきっかけがありましたら教えて下さい

 
こちらの住まい手さんは小さな頃から近所にお住まいでした。
そして昔は庄屋をされていた、この建物への憧れが強かったそうです。
 
時を経て、この住まいにも人が住まなくなってしまいました。
暫く空き家となり、売りに出ていた所を、住まい手さんが購入されました。
 
母屋を自らの住まいのために、蔵や長屋門を地域交流の拠点として活用できないかと思っていた所、同じように地方で活動する私共の提案にも納得されたようで共感していただきました。 
 

 

古民家再生のメリット・デメリットを教えて下さい

 
風情と迫力のある建物を上手く活用できれば歴史とその建物が持つポテンシャルの恩恵に授かることが出来ます。
又、昔の職人さんの手仕事の跡などを感じることが出来るのもメリットだと思います。
 
一方で、耐震性や温熱性能などをどこまで向上させるのか、目標設定を高くすれば費用は自ずと上がります。
そのような性能の着地点を、どう定めるかは重要ですが、簡単に定めることが難しいのがデメリットでもあると思います。
 

古民家再生のポイントについて教えて下さい

 
たつのの古民家リノベーションでは建築当初に、この古民家が持っていたであろう当初の姿が既に失われていました。
(後の質問でもお答えしていますが、我々が関わる20~30年ほど前に以前の所有者さんが手を加えたと推測します。)
そのために大きく仕様を変えましたが、基本的には大きく変え過ぎないことだと思います。
 
古民家が持つ独特の明と暗、太い柱と梁、これらをどう生かし、どう隠すかがポイントになります。
 

 

古民家再生の費用は新築に比べてどうなのでしょうか?

 
古民家を触る場合の費用ですが、同じ規模の建物を新築する場合に比較すると安くなることは違いありません。
 
しかし、再生として見た場合は耐震補強や断熱など諸性能をどこまで引き上げるかで費用は変わります。
建物を持ち上げて基礎を打ち直したり、瓦を葺き替えるなどすれば、直ぐに百万円単位での費用が発生します。
 
古民家を購入する所から検討される場合は、建物のプロである人(建築士や大工さんであって不動産屋は建物のプロではありませんよ、不動産屋は建物を売るプロです)に立ち会って貰いながらアドバイスを受け検討する方が、後から思わぬ出費が発生しなくて済むと思います。
 

たつのの古民家リノベーションで工夫した点を教えてください

 
私共がこの工事を手掛ける20~30年ほど前に一度、大きく手を入れた痕跡が出てきました。
例えばコンクリートの基礎が打ってあったり、当時流行した仕様が使われていたりがそれに該当します。
 
既に、この時に当初の構造体(差し鴨居や太い柱など)も失われたのだと思いますが、この年代の古民家が持つエッセンスはそんなに残されていませんでした。
であるなら、現状の枠組みに捉われずに大きく仕様を変えてしまおうと思い、新築と同様な仕上がりにまで昇華させました。
 
一日の内、長時間過ごされるであろう南側の部屋は天井を取り払った大きな空間で高窓を設けることで北側の部屋にまで光を運ぶ計画としています。
北側はリクエストのあった和室の続き間を実現させるために、数か所の柱を取り除きました。それを補う意味で梁の補強を数か所に入れています。
 
南庭と北庭、窓を開ければそれぞれに風が抜け、季節の良いに日には快適に過ごせるように計画しています。
 

  

リフォーム会社でなく貴社に古民家再生を依頼するメリットを教えて下さい

 
リフォーム会社の工事では旧を新にするだけの工事です。
 
私共の場合、建物のモチベーションを判断し、古き良さを生かしながら、新しさを足していくことを最初に考えます。
その建物が、どのような歴史を辿って来たのか、そしてこれから、どう活用していきたいのかを一緒に考えさせていただきます。
 

古民家をカフェとして再生する仕事も引き受けていただけますか

 
勿論、お受けいたします。住まいとして活用するよりも建物に手を入れる範囲は減らせると思います。
調度品や什器には少しこだわりを反映させて地域の特色を生かした(地域の食材を生かすなど)カフェを目指されると良いのではないでしょうか。
 

古民家を宿泊施設として再生する仕事も引き受けていただきますか?

 
勿論、お受けいたします。
単なる宿として再生させるのではなく、その建物が持つ歴史を紐解き、そこにストーリーを重ねる施設として展開されるべきだと思います。
 

古民家を再生したいと思っている方になにかアドバイスがありましたら教えて下さい

 
その古民家をどうしたいのかが大事だと思います。
住みたいのか、カフェにするのか、宿泊施設にするのか、目的は多々あると思います。
目的によって手の入れ方と掛かる費用は違ってきます。
 
住まいとしての利用を検討されている場合は、その地域地区との関わりも重要になります。
村付き合いや町付き合いとも言いますが、地方は行事ごとが多く、地元の人でも煩わしく感じる人もいるため、古民家と言う響きだけでなく、その辺りの事情も確認されておくべきだと思います。
 
又、見た目に立派な建物であっても、床下がシロアリの食害に遭っていたりすることもあります。
判断の出来る人に見て貰う方が賢明ですね。
 
 

芦田 成人 建築設計事務所 蘆田 成人さんの古民家再生・設計事例

 

画像 建物の名称 紹介文
たつのの古民家リノベーション

築100年以上の地域の名家は数年前より空き家となっていました。

 

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.