古民家の経年変化による柱や梁などの趣き、存在感、品格は何物にも代え難く貴重・株式会社 降幡設計東京事務所 中村 未希子さん


 
古民家の経年変化による柱や梁などの趣き、存在感、品格は何物にも代え難く貴重ですし、この先の何十年(百年)にも耐えうる十分な強さ・寿命が有ります。
 
古民家再生について株式会社 降幡設計東京事務所 中村 未希子さんに伺いました。
 

お話を伺った建築家

 

ユーザー 株式会社 降幡設計東京事務所 中村 未希子 の写真
豊島区目白3-1-36ハクジウハイツ106
03-6908-2981

 

貴社が古民家再生を手がけたきっかけがありましたら教えて下さい

 
当社は元々古民家再生のパイオニアと言われている降幡廣信が設立した降幡建築設計事務所の東京支社でしたが、平成20年の秋にのれん分けの形で独立致しまし
た。
 
当時からのスタッフの中には初めから古民家再生を志して入社した者もいるくらいです。
 

 

古民家再生のメリット・デメリットを教えて下さい

メリット

古材の美しさです。経年変化による柱や梁などの趣き、存在感、品格は何物にも代え難く貴重ですし、この先の何十年(百年)にも耐えうる十分な強さ・寿命が有ります。
 
また古民家にはその土地の気候風土に根差した地域色が有りますが、そういった伝統を後世に残しつつも、これまでの古民家の寒い・暗い・収納とプライバシーが少ない、などといった欠点を払拭し、新築同様の現代的で機能的なものに変えられる事です。
 

デメリット

柱・梁の木・元来のくせが年月と共に出てきて、湾曲やよじれは直りません。
但し、強度に問題は有りません。
 

古民家再生のポイントについて教えて下さい

 
床下の計画がポイントです。
 
石場建て、または土台が地面に近い場合は柱の根元に腐りがみられるため、基礎については念入りに計画する必要が有ります。
柱の根元をどの位残せるかにより部屋の床の高さにも関わってきますので、事前の調査を出来るだけ詳細にとる事が大切です。
 

古民家再生の費用は新築に比べてどうなのでしょうか?

 
残念ながら古材を再利用するからと言って新築より安く出来るものでは有りません。
 
新築では必要のない手解体や古材の補修工事に手間暇が掛かるので ごく一般的な新築と同等には掛かるでしょう。
しかし、新築工事で古民家と同等の大黒柱や太い丸太梁、立派な差鴨居などを準備するとなると工事費用と期間がそれよりはるかに掛かります。
 
再生工事で費用が限られている場合は古民家の状態にもよりますが、部分改修にしたり、解体した古材を新築に組み込む工事をお勧めする場合も有ります。
 

 

リフォーム会社でなく貴社に古民家再生を依頼するメリットを教えて下さい

 
各地の古民家を見てきた経験から、地方色にあふれた古民家の美しさを最大限に引き出すご提案をします。
構造体の痛みを取り除いた上で更にその逞しさと美しさをデザインに生かします。
 
また古民家再生には改装して大壁などで見えない部分の状態が分らず、想定して計画する事も有りますが、当社は経験が有る分そのような事態に長けていると思います。
 

古民家をカフェとして再生する仕事も引き受けていただけますか

 
はい、もちろんです。
 
これまでも移築再生や現地再生工事でレストランや食事処、お蕎麦屋さんなどを手掛けてきました。
 

古民家を宿泊施設として再生する仕事も引き受けていただきますか?

 
はい、もちろんです。
 
宿泊施設では歴史ある箱根の福住旅館、山形の後藤又兵衛旅館の改修工事、また新築の古民家風旅館などの経験も有ります。
 

古民家を再生したいと思っている方になにかアドバイスがありましたら教えて下さい

 
「我家のように古く、こんなに痛んでいて、しかも材も細くて立派に見えない家が再生出来るとは思いませんでした。」
古民家再生の現場で建て主さんがよくおっしゃる話です。
 
先祖代々受け継がれてきた民家に愛着があっても、長年我慢してきた不自由な暮らしや家の傷みを目の前にして、諦めてしまう方も多いと思います。
又、経験の無い大工さんに相談しても、立て替えるしかないと言われることも多いでしょう。
 
また逆に移築再生の場合、建っている時はあんなに立派に見えた古民家が、いざ解体してみると古材の痛みがひどく使えないという話も良くあるようです。
決断をする前に、古民家再生の経験ある大工さんや設計者に実際の古民家の状態を見てもらうことをお勧めします。
 

 

株式会社 降幡設計東京事務所 中村 未希子さんの古民家再生・設計事例

 

画像 建物の名称 紹介文
古民家再生

築約150年ほどの古民家の再生工事をしました。
増築を重ねた部分は解体除去し、元の茅葺き屋根を鋼板葺きで再現することでこの地方の古民家の特色を現すことが出来ました。

千葉県の古民家再生

既存の正面が東向きで日当たりが悪かった為、曳家をして90°向きを変え日当たりを確保しました。
座敷廻りは当初の様子を残し、土間側には中廊下、収納を新たに設けて使いやすい生活空間に整えました。

 

建築家相談依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に相談・依頼したい方は下記から相談・依頼したい内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家相談依頼サービス・申し込み

相談依頼したい内容を自由に記入してください。(■相談・依頼内容■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に相談・依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
To prevent automated spam submissions leave this field empty.