土地が高すぎる…とお悩みのあなたへ

土地

土地が高い理由

土地固有の性質

駅から近い・交通の便がいい・広い道路に面している・整形地である・平坦である・など利用価値が高いと思われる土地は高くなります。

地域性

一般的に地域のイメージがいい・環境が良い・生活に必要な施設が近くにあるなど暮らしやすい地域は土地が高くなります。

流通量

地域によって土地の流通量には差があります。
なかなか売り土地がでない地域では土地が高くなります。

業者の存在

上記のような条件のいい土地は売りに出た途端、ハウスメーカー・建売業者などが買い取ってしまう場合が多いです。
ハウスメーカーの場合は建築条件付き宅地として売り出せは、そこに建てる住宅を受注できます。
建売業者の場合は建売住宅を建てて売ることで利益を売ることができます。
競争が激しくなるので、土地は高くなってしまいます。

土地の価格の調べ方

不動産取引価格情報検索

国土交通省では誰でも安心して不動産の取引を行えるように、 数多くの取引価格情報を蓄積して公開しています。
近くの土地が掲載されていると参考になると思います。
不動産取引価格情報検索

不動産サイトで調べる

不動産サイトで調べると多くの土地の価格が表示されています。
あくまで売り主が売り出した価格なので実際に取引した価格は少し割引されると思いますが参考になります。
アットホーム
SUMO
ライフルホームズ

土地が高すぎる……というあなたは小さい家がおススメ

 
当サイトでは「土地が高すぎる……」という方に小さな家を建てることをおススメしています。
 
当サイトに来る方の中には予算が少ないのに
「○○坪の家を建てたい」
と決めている方がいらっしゃいます。
 
それが適度な広さであればまだわかるのですが、必要以上に広い家が必要だと思いこんでいる場合があります。
 
よくよくお話を聞いてみると
「家族○人で生活するためには○○の部屋が必要でそれを確保するためには最低○○坪の家が必要だ」
とおっしゃるのです。
 
また
「○○坪の家を建てるためには○○坪以上の土地が必要だ」
おっしゃる方も多いです。
 
どうも、不動産業者やハウスメーカーとお話を進めているうちに
「家族○○人で生活するには最低○○坪の家が必要」
「○○坪の家を建てるには○○坪以上の土地が必要」
という既成概念を植え付けられてしまっているような気がします
 
もちろん、予算に余裕があれば広い土地に広い家を建てることは理想だと思います。
しかし、家を建てたあとは住宅ローンを支払い続けなければいけません。
それに子供もいずれは成長して家を出て行きます。
多額の住宅ローンを払い続けながら、広すぎる家に暮らしている方もいらっしゃると思います。
 
そこで当サイトでは「土地が高すぎる……」という方には小さい家をおススメしています。
小さい家のメリットは下記のとおりです。
「土地が高すぎる……」という方はぜひ小さい家を建てることをご検討ください。
 
・土地が狭くてもいい
・建築費が安くなる
・メンテナンスコストも安くなる
・冷暖房費・税金も安い
・掃除も楽になる
・家具・雑貨代も安くなる
・ローン・金利負担が軽くなる
 
小さな家を建てたい方はぜひ小さな家が得意な建築家にご依頼ください
建築家依頼サービスを利用すると小さな家が得意な建築家を見つけることが可能です。
 

建築家依頼サービスの流れ

 
建築家依頼サービスの流れ
 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すまでたったの2ステップ 
依頼したい仕事の内容を書きこむだけで 
依頼を引き受けてくれる建築家を探すことが出来ます 
  

  1. 依頼を記入する
    下記のフォームに建築家に依頼したい仕事の内容を書いて下さい。
  2.  

  3. 返信がメールで届く
    あなたの依頼を引き受けたい建築家から返信がサイトに掲載され、メールで届きます。
    返信を書いていただいた建築家にはプライベートメッセージを送ることができますので
    連絡をとりあってください。
    お断りする場合もお断りのメッセージを送っていただければ幸いです。

 

建築家依頼サービスの料金


 
建築家依頼サービスは会員建築家が支払う参加料で成り立っています。 
そのため、一般の方は無料でサービスを利用することができます。 
なので、参加していただいた建築家には誠実な対応をお願いいたします。 
 

 

小さい家が得意な建築家

当サイトに小さい家・狭小住宅の事例を掲載している建築家を紹介します。
実際にはもっと多くの建築家が住宅を手がけています。

画像 事務所名・名前 都道府県名 紹介文
ユーザー 井戸健治建築研究所 井戸健次 の写真
井戸健治建築研究所 井戸健次 和歌山県

はじめまして。
和歌山で建築設計事務所をしています井戸と申します。

ユーザー Liv設計工房 川口 亜稀子 の写真
Liv設計工房 川口 亜稀子 大阪府

ただ住む為の器をつくるのではなく、その場所に居ることで気持ちよく健康に過ごせる場所。自然の恵みを取入れ、自然治癒力が高まる住まいを心がけています。http://www.liv-sekkei.com

ユーザー H2O設計室 一級建築士事務所 共同主宰者(森 大樹 & 小埜 勝久) 管理建築士(森 大樹) の写真
H2O設計室 一級建築士事務所... 埼玉県

家作りは暮らし作りです。「プロの話しは解りずらいな」「本当に自分の納得の住まいが提案されているのかな」私達はそんな不安をクライアントに与えてはいないかをいつも気にしています。

その他の建築家を見る


 

狭小住宅が得意な建築家

当サイトに小さい家・狭小住宅の事例を掲載している建築家を紹介します。
実際にはもっと多くの建築家が住宅を手がけています。

画像 事務所名・名前 都道府県名 紹介文
ユーザー 星設計室 一級建築士事務所 星裕一郎 の写真
星設計室 一級建築士事務所 星裕一郎 千葉県

心地よいこと、楽しいこと、ワクワクすることを大切に設計をしています。
ローコストや狭小敷地にも積極的に取り組んでいます。

ユーザー 仲里空間設計工房 仲里 実 の写真
仲里空間設計工房 仲里 実 福岡県

高齢者・障害者に優しい家・バリアフリー住宅を分離発注で作っています。透明な価格で思い通りの家を作ることが可能になります。

ユーザー 大島功市建築研究所 一級建築士事務所 大島功市 の写真
大島功市建築研究所 一級建築士... 東京都

”めい”が”トトロ”に初めて出会ったあの有名なシーン…”トトロ”のような建築をつくり”めい”のようにクライアントをワクワクさせたい!

その他の建築家を見る


 

小さい家・設計事例

  
当サイトの建築家が手がけた設計事例のうち、「小さい家」というタグがつけられたものを紹介します。
   

メインの画像:
設計事例の名称

House F

建物の紹介文:

この住宅は、夫婦の為に設計された、市街地の狭小地に建つ木造3階建ての住宅である。
敷地周辺は、小住宅や、町工場や、小さな事務所ビルが調和なく共存している地域である。
建て主は敷地の南側に庭を要望し、所要室を確保するため建物を3階建てにすることにした。

メインの画像:
設計事例の名称

INO HOUSE

建物の紹介文:

今までの生活で使っていた家財道具を細かく確認して、無駄無く
使い易い収納の位置をつくっていきました。

シビアな寸法に対応する為、オーダーキッチン・家具を製作者から
直に買い付けるなど予算の範囲で組み込める様に工夫しました。

メインの画像:
建物の紹介文:

60㎡の敷地で住宅が建て込み、三方隣家に囲まれていて北側に道路があります。
しかしさほど広くないその道路を挟んで小石川植物園と向き合っているので、緑の恩恵に浴することができます。南側には高さ約10mの住宅が迫っており、その上からいかに太陽光を取り込むかが課題でした。

 


他にも多くの事例があります。こちらをご覧ください。
 

狭小住宅・設計事例

  
当サイトの建築家が手がけた設計事例のうち、「狭小住宅」というタグがつけられたものを紹介します。
   

メインの画像:
設計事例の名称

ミニマムハウス

建物の紹介文:

とにかく9坪に満たない敷地面積と、第1種低層住居専用地域にかかる法的制限のなかで、いかに豊かな空間をつくりだすかという点と、SOHOとして日々の大部分をこの家で過ごすため、機能的なことや居心地の良さなど、とことん施主ご夫婦のライフスタイルに寄り添った家作りを目指してきめ細かい打合せを根気よく重

メインの画像:
建物の紹介文:

老齢のお母様と娘さんの二人暮らしなので
それほど広い家は最初から希望しておりませんでしたのでコンパクトにまとめ
特に問題なく予算内におさまりました。
以前の家が9坪と狭かったので、「十分広い」と喜んでいらっしゃいました。

メインの画像:
建物の紹介文:

法規制が厳しい一種低層地域で、斜線関係が厳しい中、階高を工夫しながら地下1階・地上2階のボリュームを外部空間を取り込みながら考えた。
冷暖房は輻射を利用したPS冷暖房を採用…冷温水を流すことで冷暖房をしている。

 


他にも多くの事例があります。こちらをご覧ください。
 

小さい家関連の依頼事例一覧

 

このページでは建築家依頼サービスの依頼事例のうち、小さい家というタグのつけられたものを表示しています。

     

狭小住宅関連の依頼事例一覧

 

このページでは建築家依頼サービスの依頼事例のうち、狭小住宅というタグのつけられたものを表示しています。

ページ

     

投稿する前のご注意

 
 
建築家依頼サービスは一般の方は無料で利用できますが、下記の点にご注意ください。 
  

冷やかし半分での投稿はご遠慮ください

 
  
当サービスは真剣に建築家に仕事を依頼したい方のためのサービスです。冷やかし半分での投稿はご遠慮ください。 
  

できるだけ返事をしてください

  
  
建築家依頼サービスで返信を頂いた建築家にはできるだけ返事をするようにしてください。お断りする場合でもプライベートメッセージなどを使って連絡いただければ幸いです。 
  

 

建築家依頼サービスの安心安全宣言

 
・条件が悪くても大丈夫です
・しつこい営業はありません
・個人情報を入力する必要はありません
・設計士に依頼すると高くなるとは限りません
・リフォームでも依頼可能です
・土地がなくても申し込み可能です
・小さい仕事でも依頼可能です
 
詳しくはこちらをご覧ください。
  

 

仕事の依頼はこちらから

 
 

建築家依頼サービスの申し込みは今すぐこちらから(無料)↓

建築家依頼サービス
 
当サイトの建築家に仕事を依頼したい方は下記から依頼したい仕事の内容を投稿してください。
投稿した内容は下記のページで公開され、当サイトの会員建築家から返信をもらうことができます。
 
https://kentikusi.jp/dr/netirai/jirei
 
このサービスは一般の方・業者の方でも無料で利用できます。
 

建築家依頼サービス・申し込み

依頼したい仕事の内容を自由に記入してください。(■依頼したい仕事■建設予定地■土地・テナントの所有・賃貸状況■建物についての希望■ご予算■希望する地域■建築家に依頼したいと思った理由■その他・・・など)
メールアドレスをご記入ください。このメールアドレスに確認用のメールをお送りします。 例:nakazato@kentikusi.jp
例:みのる
例:東京都
例:港区