中山クリニック

●設計事例の所在地: 
兵庫県明石市
●面積(坪): 
未公開
●建物の種類(大分類): 
医療・福祉施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

風除室の増築は、計画道路の兼ね合いと耐火建築物としての性能も求められたため鉄骨造とした。外観は風除室とガラススクリーンの箱庭、車寄せ庇を付加する構成とし、薄いアルミハニカムパネルの庇とガラススクリーンのシンプルでシャープなデザインは以前の医院の玄関のイメージを払拭している。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

外来部門である1階部分を重点的にプラン改修し、車寄せ・風除室を設け、暗く古いイメージのある玄関部分を明るくすっきりした形に変更、それに伴う周囲の整備を行なうことが主な要件であった。診療を行いながらの改修工事となるため、我々の今までの医院再生のノウハウから、改修の工期を3段階に分けて、プランから改修方法までの提案を行った。
元の建物は、度重なる増築と改修で、玄関からリハビリ室への動線が迷路のように入り組んでおり、診察室・処置室も利用しづらいプランとなっていた。これをトイレの移動により、明るくシンプルで分かりやすいプランとなるよう計画した

その他の画像: 

北側外観。ガラススクリーンの箱庭とアルミハニカムパネルの庇によるシンプルな構成の外観。

外部と内部のバッファーゾーンとしてガラススクリーンの箱庭を設け、それに対し大きな開口を取ることで、明るい待合室に改修することが出来た。またインテリアの色使いも落ち着きのある色を使いながら、アクセントとしてソファの色をビビッドで明るい色に変更することで、患者さんに明るい印象を与えるような空間作りを心がけた。また受付カウンターも広く取ることで、空間に広がりを与えている。

コンペ案では「GreenWall」等の壁面緑化も提案した。

トイレも位置を調整、明るく使いやすいトイレへ再生。

再生前の建物外観。

再生前の待合室。待合室は開口が少なく、暗く狭い印象であった。

物が多く、雑多な印象を受ける再生前の受付廻り。

設計者

ユーザー 株式会社古田建築設計事務所 古田 充 の写真
オフライン
Last seen: 5年 6ヶ月 前
登録日: 2015-06-25 16:16

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言