ツナゲルツナガル

●設計事例の所在地: 
東京都大田区
●面積(坪): 
165㎡(50坪、1F:83㎡/2F:82㎡)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

ロフトからリビング:室内クライミングができる壁(ボルダリング付)

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

階で分けた二世帯住宅とするが、上下のコミュニケーションを作るべきかどうか。
元はご両親宅で、二世帯にすることでご両親のスペースが面積上は狭くなるが、広く感じられる空間にできるか。
シックハウスにならない工夫がしたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

他の件で仕事ぶりを見ていただいていた。お互いの人柄も通じていた。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

[ ロケーション ]都内有数の閑静な住宅街。旗状敷地で法規制の厳しいエリア。子世帯4人、親+祖母世帯3人の家族が暮らす家。

[ 敷地面積 ]215㎡

[ 作品解説 ]世帯をツナゲル装置によって、世帯がツナガル2世帯住宅。

【家の顔を作る】旗状敷地いっぱいに建つ正方形の家。長細いアプローチの向こうから見えるように家の顔を作る。
【ツナゲル】3枚引込み戸の開閉で各世帯が単独で利用できる1階フリースペースや、その天井から2階に伸びる吹抜が、ツナゲル装置。かすかな光や声が聞こえて、気配を感じられる。普段のフリースペースは開放して1階のリビングの一部となる。
【ナチュラルに】シックハウス対策とナチュラルな感じが要望。素材に配慮しつつ、木としっくいの内装。家の顔にも木を用いナチュラルで優しい顔とする。
【遊び心を】ロフトには2方向のアプローチができる。1方にはボルダリング(ロッククライミング)用器具を取付けて、子供が遊べるような壁を設置。

依頼者の声: 

1階フリースペースの天井から2階に伸びる吹抜が、非常に活躍している。上下のコミュニケーションに役立っている。1階から2階を呼んだり、1階でジイジと遊ぶ子供の声を2階で確認できるのが、非常によい。

その他の画像: 

2階リビング~ロフト

吹抜:1階フリースペースの天井から2階に伸びる

ロフトからリビング

設計者

ユーザー 株式会社 湯村泰成建築設計事務所 代表 湯村泰成 の写真
オフライン
Last seen: 2日 7時間 前
登録日: 2012-07-24 10:29

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言