海沿いの家(三重県鈴鹿)

●設計事例の所在地: 
三重県鈴鹿市
●面積(坪): 
敷地面積86.63坪 延床面積46.31坪 壁式鉄筋コンクリート造2階建、外断熱工法
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

[夜景、堤防から見るファサード]
2階の海側は薄い床と庇を2m跳ねだし、3面ガラス張りの空間にすることで軽く浮遊感のある
ファサードとなりました。左右に冬用の南テラスと夏用の北テラス、二つのテラスを設けました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地が海岸沿いのため、塩害の被害を心配し建物の構造を強固なものにしたい。
ロケーションを気に入り選んだ土地なので、堤防からの人目を気にせず海の景色を楽しみたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

弊社が以前建てた美容室(ヴォートルVotre)のお客様で建物を気に入り、ご依頼頂きました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地が伊勢湾に面した堤防沿いのため、塩害を考慮して、壁式鉄筋コンクリート構造(以下、「RC造」)にしました。人の目を気にせず、海の景色を見ながら日々を暮らしたいという要望に応え、2階を居住スペースにしました。内外装ともにコンクリートそのものの質感を残した仕上げの壁や合板の天井は住みながら好きなように手が加えられるゆとりのある建築にしました。RC造は将来リフォームする際、壁の撤去・移動が困難なため、できるだけ無駄のない壁配置のプランになっています。

その他の画像: 

[車庫前から見た玄関ポーチ]
1階の床は2台分入るビルトイン車庫から1.5m上がり、堤防の道と同じ高さとしました。
1階には玄関の他に書斎があり、ここからも海が見える部屋になっています。

[1階から階段を上がれば目の前に伊勢湾が広がるLDKのワンルーム]
跳ねだしたガラス張りの空間が水平線を床と天井で区切り、より海と空を印象づけています。

[広縁の様な空間は「海と共に過ごす」テーマから生まれたリビングとダイニングの中間領域]
海の近くで県内でも雪の降るような寒い地域のため、LDKの床には深夜電力を利用した蓄熱
式床暖房を設置。

[ダイニングやキッチンから続く床から50cm程下げたピット型のリビング]
跳ねだしたガラス張りの空間やキッチンとは違い、海側の光を制御するため壁で囲み床を下
げてより落ち着いたリラックスして海が見れるリビングを目指しました。仕事を引退したら
憧れの薪ストーブのある生活をしてみたいと希望され、将来的に設置を考えて下準備もして
あります。

設計者

ユーザー 株式会社アーキ設計 村山邦夫 の写真
オフライン
Last seen: 6ヶ月 1週 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言