メザニン(中2階)と格子のある家

●設計事例の所在地: 
長野県岡谷市
●面積(坪): 
165㎡(49坪)
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

北側(アプローチ側)外観。
中2階形式の町家と防火壁の「うだつ」をモチーフにデザインしています。
2台分のガレージとアプローチ部分に屋根を掛け、冬季の除雪作業を軽減するとともに、軒高を抑えることにより落ち着いた雰囲気の外観を創り出しています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

ガレージ、アプローチの除雪作業の軽減と土地が一部変形しているため平面計画がうまくいくかの心配と土地が道路より低いため、その対策に悩んでいました。
また、年齢が70歳代のため、落ち着いた雰囲気の外観を望んでおりました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「提案していただいた計画案が申し分なく、すべての要望が盛り込まれており満足しました。」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

クライアントの年代が70歳代のため、これからますますメンテナンス等が困難になることが予想され
特に長野県内の場合は除雪作業が問題になります。まずはこの作業を軽減することから、アプローチ・ガレージ廻りのプランニングを行ない、さらに外観を全体に一体感のあるものとするため、本体の屋根を葺き下ろす形状としています。さらに外壁材に地場産の信州からまつを使用し、落ち着きを出しています。内部は寝室等の個室以外ワンルーム形式とし、ガレージ上部はオープンな中2階の書斎に使用しています。

依頼者の声: 

「今年7月に完成し、ひと夏を過ごしましたが大変快適でした。これから厳しい冬に向かいますが、
除雪の心配がなくなり、ほっとしています。中2階の書斎から1階のリビングや2階を眺める視点も面白く、トップライトからの光を浴びながら過ごしています。また、階段が緩いので上り下りも楽で明るくオープンな為、階段を使用することが楽しみになりました。足腰の健康にもよさそうです。」

その他の画像: 

中2階の書斎より階段越しに1階リビングと2階を見る。
上部からトップライトの柔らかい光が落ちてきます。

1階ダイニングキッチン。
アイランド型のキッチンとダイニングテーブル(ウォールナット無垢材でオリジナル製作)

4連引込障子によりリビングと一体となる和室。
旧家で使用していた、書院建具・欄間を再使用しています。

屋根のあるガレージ横のアプローチ。
緩勾配のスロープとして木目調(ノコ目)のタイルを張っています。
「夏椿」を一部アプローチに絡ませて植え、足元のグランドカバーは「たまりゅう」です。
スロープ脇には玉石を撒いています。

2階、WC+洗面室
将来のくるま椅子対応のため広めです。

ダイニングキッチンにチェアをセットしました。

設計者

ユーザー 窪寺弘行・建築計画事務所 窪寺弘行 の写真
オフライン
Last seen: 5時間 44分 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言