季節のお料理 辻むら

●設計事例の所在地: 
静岡県静岡市内
●面積(坪): 
26坪
●建物の種類(大分類): 
商業施設
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

「銀座小十」で修業したオーナーが2006年にオープンした和食店。
旧家(今回取り壊し)への思い入れが大きく、「使用できるものは全て使用してほしい」との要望から、構造材、建具、備品など、趣のあるエレメントをできる限り再利用しました。
オーナーの料理の質の高さから、静岡ではなかなか予約の取れない店として定着しました。
写真は、小上がり席です。
普段は3っの個室ですが、襖を外すと広間になり、さらにテーブルをつなげると、6mにも達する大木の1枚板が現れます。
足元の窓からは、座らないと見えない庭が見えます。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

「旧家を残存させるか取り壊すか」で、悩んでいらっしゃいました。
築60年の日本建築だったので、そのほとんどを生かせるのではないか。また、旧家は、そのままでは住むのには不都合が多すぎはしないか との提案をさせていただき、旧家を知る人にもそうでない方にも懐かしさを感じていただける作品となりました。
和の伝統を大切にする大将の料理をさらに引き立てる空間ができました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

やはり、「銀座小十」だったようです。
独立の際は杉山デザイン室と、決めてくださっていたそうです。
「銀座小十」の奥田透さんも、勧めてくださいました。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

とても謙虚なクライアントで、私への要望をためらってしまう傾向がありました。
私の空間デザインは、クライアントのお料理にはとてもかなわないということを何度申し上げたかわかりません。
ここにあるものを使い、今までにないものを造る。私のこの想いに共感していただき、結局ほとんどを任せていただきました。
旧家の備品では足りないものは、私が全国から探しました。
結果、旧家のイメージを反映しつつ、さらに質の高い空間を創ることができました。

依頼者の声: 

「懐かしさと新しさの両方を感じる」と言っていただきました。
一流の料理人にもかかわらず、「この空間に恥じない仕事をしてゆきます。」と言っていただきました。
「要望がすべて反映されている。」と言っていただいた時は、本当に設計者冥利に尽きる想いでした。
私は設計者であり、芸術家ではないので、この言葉が一番うれしいです。
予約が取れない期間は、年々長くなっています。

その他の画像: 

入口外観
いきなり建具という閉塞感を打開したく、暖簾の向こうへの期待感(ミステリアス)を模索しました。

入口脇のつくばいと坪庭。
つくばいは鞍馬石。
つくばいよりも運賃の方が高かった!

のれんをくぐって左へ折れると、これが玄関。玄関の扉のも旧家室内の建具を使用。
しかし、玄関に室内建具というのも若干の違和感があるので、あえて見せつけるように雨戸を設置。このことにより、室内建具への違和感が解消されている。

廊下奥から玄関方面を見る。
右側が小上がり席で、障子は旧家のもの。
式台も旧家の梁を再利用している。

カウンター
大将とゆっくり話ができる場所。
大将がとても謙虚であること、ロケーションが静岡であることから、桧一枚板は選択しませんでした。
あえて素朴感の伝わる栃の変木を選択しています。
小上がりのテーブルと同素材です。

設計者

ユーザー 杉山デザイン室一級建築士事務所 杉山 登忠之 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 4週 前
登録日: 2012-08-01 23:19

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言