下山の光庭の家/豊田

●設計事例の所在地: 
愛知県豊田市
●面積(坪): 
約57坪+ガレージ約23坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

中庭や別棟ガレージのある共有型二世帯住宅です。和モダンの風情を感じさせる、瓦、自然素材の塗り壁、軒天や雨戸戸袋に杉板を張っています。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

高齢の親との共有二世帯住宅を希望。気兼ねなく暮らしたいが、心配なので、ある程度は、互いの気配を感じながら暮らしたい。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

「地元三河の一級建築士夫婦の設計事務所で、話しやすく、女性目線からも、家事や収納、将来介護のことなどを考えた提案をしてもらえそう。和モダンデザイン住宅、ガレージハウスや二世帯住宅や中庭住宅、バリアフリー住宅の実績も考慮。いろんな要望をかなえてもらえそう。」

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

家の真ん中に光庭と呼ぶ中庭があり、別棟ガレージのある、自然素材・和モダンの共有型二世帯住宅のコートハウスです。光庭のまわりをぐるりと回れ、光や風が各部屋を通り、光庭や吹抜階段を介して、互いの世帯に気配を伝えます。親世帯寝室へ直接入れるバリアフリースロープもあります。

その他の画像: 

奥が新築母屋で、手前は別棟の新築ガレージです。写真では見えませんが、母屋とのデザイン的調和を図り、雨に濡れずに行き来できるよう、互いの庇を出しています。

ポーチ回り壁はタイル張りです。外壁は自然素材塗り壁です。

小上がりの畳コーナーです。立ち上がり側面には引出が複数ついていて、畳下収納となっています。

光庭に面する小上がりの畳コーナー

家の真ん中の光庭。光と風を各部屋に通します。

光庭の脇にある階段

夕方の雰囲気

和室前の縁側はLDKとつながっています。(引き戸で仕切れます)

造作家具手洗いカウンター。焼き物の手洗い鉢。腰板は杉板張り。アクセント壁紙は撥水和紙です。

設計者

ユーザー KANO空感設計 加納年勝 の写真
オフライン
Last seen: 2年 2ヶ月 前
登録日: 2012-07-24 10:21

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言