傾斜地を活かした眺望と光の木の家

●設計事例の所在地: 
神奈川県横浜市
●面積(坪): 
32.6坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

傾斜地の高低差を利用して、ビルトイン駐車場を組み込んだ木の家。
眺望を活かして、造園を楽しむ庭を確保。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

限られた予算の中で、自由に設計できる敷地を探していました。
やっと見つけた敷地は高低差があり、変形敷地でした。
カーポートをどのように設けるか、変形敷地に対して
どのようにプランニングするか、自然素材の良さを活かした
木の家をつくりたい、と言った要望がありました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

木の家、自然素材の専門化として信頼があること
設計事例など豊富で、変形敷地への対応も可能であること
デザインを押し付けずに、住まい手の立場に立って提案してくれること
傾斜地と言うこともあり、災害、構造強度などに対して安心感があったこと
造成などに費用がかかることから、コスト管理が適正であること
ざっくばらんに何でも相談できそうな気軽さがあったこと

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

高低差のデータを正確の把握し、横浜市の条例や諸法規に適合させつつ
最適な地下駐車場の配置、擁壁を最小限にする工夫を行いました。
建築基準法上、駐車場が上の木造部分と一体的な構成になると
三層構造になり、RC造と木造の構造が混在した混構造扱いとなります。
そこで、構造的に縁を切り、工作物と2階建ての木の家という
シンプルな構成とし、構造計算や様々な規制をクリアしました。
2階には広めのオープンテラスを設けて、眼下の川、田畑、丘陵を眺めながら
アウトドアライフを楽しむ生活を提案しました。
畳の生活を望んでいましたので、1段高い4.5畳の和室を設け
椅子座のダイニングリビングとの連続性を高めて
一体的に使えるようにしました。
また、光と風が行き交う解放感を得ようということになり
リビングに吹き抜けを設けました。

依頼者の声: 

「高低差があり、変形した敷地に対して、最適な提案をしてもらったと思います。
当初は擁壁も大がかりになり、確認申請や予算的にまとまるかが心配でしたが
シンプルで、飽きの来ない、自然素材の木の家が出来たと満足しています」
奥様も、趣味である庭造りもできたと喜んでおられます。
また、ご主人も、工作が得意で、コストダウンも含めてアルミフェンスの
つくり方をスケッチ差し上げて、週末ごとにつくられて、ご夫妻の手作りが
景観にオリジナリティを作り出しています。

その他の画像: 

リビングに入ると南から、吹き抜けからの光が降り注ぐ

庭の緑や外の景色を楽しむダイニング

一段高い和室コーナーと一体となった開放感のあるリビング

奥さまが趣味の生花が飾られてた和室の床の間

吹き抜けを介して柔らかな光が入る二階寝室

廊下の手すりも無垢の木

設計者

ユーザー (株)木の家づくりネットワーク一級建築士事務所 山中文彦 の写真
オフライン
Last seen: 1年 1ヶ月 前
登録日: 2012-07-24 10:12

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言