目白台の2世帯住宅

●設計事例の所在地: 
東京都文京区
●面積(坪): 
56坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

東京都文京区で計画された上下階分離型の2世帯住宅です。1階にはご両親、2階は子世帯夫婦の専有スペースとなっています。敷地は旗竿形状の奥まった敷地。当初から1階への日当たりが懸念されている状況の中、ハウスメーカーや工務店での計画ではなかなかよい案が出ず、納得ができなかったことから、設計事務所への依頼を決められたようです。解決案として、家の中心に中庭を設け、直接光が入ることへの設計上の工夫と、壁面の反射光を利用した間接的な明度の確保を同時に考えることにより、1階に十分な明るさを確保する計画となりました。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

特に1階への日当たり、明るい日照が入るリビングを希望されていました。
また、世帯感の生活時間帯の違いから、生活音や視線のコントロールなど、図面や目には見えにくい心理的な部分についてきちんとケアできる計画を希望されました。

依頼者があなたに依頼した決め手: 

ハウスメーカーやいろいろな住宅会社と話をしてきたが、自分たちの生活や住むことに主眼を置いて話を聞いてくれたことが一番大きかった。家は買うのではなく、つくることという考えに共感できた。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

二世帯住宅は住宅の中でも特に難しい分野です。今の生活だけではなく、建てられた後の未来の姿にも目を向け、長い目でみて使い続けていけるプログラムを丁寧に組む必要があります。変わるものと変わらないもの、親子が同居する形を、一番よい形で実現できることを計画の主眼とし、設計しました。その点で入居後、大変喜んでいただいております。

依頼者の声: 

家族生活の状況をよく理解し、図面ではなく生活スタイルから話をすすめてくれたこと。
また、生活上問題になりそうな課題について深い議論を重ねてくれたこと、将来想定できる代替わりのときの提案など、間取りだけではなく、生活そのものへの細かい視点をもって提案してくれたことが決めてとなりました。住み始めて、打ち合わせで話していたことのひとつひとつがこのような形で実現できて大変満足しています。(施主談)

その他の画像: 

設計者

ユーザー 坪井当貴建築設計事務所/ Tsuboi+Architects Office 坪井当貴 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 5日 前
登録日: 2012-07-24 10:27

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言