Three Sounds Project

●設計事例の所在地: 
静岡県浜松市
●面積(坪): 
敷地面積313.31㎡ 建築面積63.49㎡ 延べ床面積135.96㎡
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

敷地の大部分が崖という一般的にはネガティブに感じる事柄をポジテイブにとらえた住宅である。

建てる前に依頼者が悩んでいた事・ご希望: 

敷地の大部分が崖という敷地条件によるネガティブ感

依頼者があなたに依頼した決め手: 

ネガティブに感じる事柄をポジテイブにとらえた住宅を創造しようと話したこと。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

敷地の大部分が崖という一般的にはネガティブに感じる事柄をポジテイブにとらえた住宅である。北前面道路から南に向かって約12メートルの高低差を持つ崖地であり、北側に駐車場、一段上がって住宅が建っていた既存のスタイルを踏襲することで(造成)コストを押さえながら南崖部分をどのように住空間に取り入れ、豊かに住まうことが出来るのかがこのプロジェクトのキモである。稀少な平地は、1階に配置する玄関や納戸、自転車置き場には、十分な広さであるが上階に配置する諸室を考えると十分とは言えず、建物は上階が大きく、オーバーハングすることを想定させる。日当たりや通風を考えると料理好きなご夫婦の北欧デザインに溢れたLDKは、3階に。寝室等の個室は、2階に配し、これらを螺旋階段で繋ぐ。大きさと用途の違う3つの箱を積み重ねたイメージがシンプルで美しく住まうことを望む施主の意向と重なる。南の崖は、庭として遊歩道として活用し、3階南のリビングテラスとリビングとの一体的な利用ができるよう、視覚的・感覚的なことに配慮して設えた。これにより崖地のネガティブは、ポジティブに変化し、唯一無二の空間や景色、感覚を味わうことができる住宅となった。施主の趣味である 車、バイク、音楽、料理と北欧家具との楽しく美しい暮らしをシンプルでシャープで暖かい住宅が活性化させ、増幅させている。

依頼者の声: 

崖地に一生住まうという人生を賭した挑戦のようなプロジェクトでありましたが、結果として他では得られない景色と共に暮らせる家が出来ました。プロジェクトタイトルは、一階がCaveのような空間、二階がFamilyの生活場、三階をGuestを迎える場とし、頭文字C、F、Gを和音に変換するとブルーズの3コードとなる為、スリーサウンズと名付け、各所にスピーカーを取り付けて一日中好きな音楽と共に暮らしています。また、シンプルな空間であるため、お気に入りの北欧家具が映えると個人的に満足しています。

その他の画像: 

設計者

ユーザー ストゥーディオ クレアティーヴォ 一級建築士事務所 大野 靖 の写真
オフライン
Last seen: 1ヶ月 2週 前
登録日: 2012-07-24 10:24

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言