螺旋階段の別荘リノベーション

●設計事例の所在地: 
浙江省杭州市
●面積(坪): 
200坪
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

上下移動の重要な要素である階段を象徴的な存在と捉え、強い求心性をもつ螺旋階段を各階のどこからでも認識できるように配置した。次に、採光をより多く取り入れ、上下の関係性を増強するため、2階の床スラブを抜いてリビング上部に吹き抜けを作った。

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

 地下一階、地上4階、ロフトの大規模な別荘を改築するプロジェクト。既存の状態は階段室とエレベータがコーナーに固められ、完全に上下の関係が分断されていた。そこで上下階の関係性、つまりここで過ごす家族の関係性をより強く繋げる事を目標に計画を進めた。
 まず上下移動の重要な要素である階段を象徴的な存在と捉え、平面の中心近くに移動させ、強い求心性をもつ螺旋階段を各階のどこからでも認識できるように配置した。次に、採光をより多く取り入れ、上下の関係性を増強するため、2階の床スラブを抜いてリビング上部に吹き抜けを作った。北側庭園部のスラブも吹き抜けとし、地下に豊かな採光をもたらすサンクンガーデンを実現した。
 3階は子供部屋のフロアとし、螺旋階段に面する広いスペースをキッズエリアと設定し、クッション性のある畳敷としている。子供たちが身体を使って遊ぶことができ、また気持ちよく本を読めるように、窓際と壁際にルイス・カーンを意識した小さな「ルーム」をデザインしている。
 ロフト階は施主夫婦のための仕事部屋と設定し、天空からの光を室内、また螺旋階段により多く取り入れるように、屋根を一部撤去し、屋上を作った。高さが確保できないため、天井は全て既存のRC構造を露出させた。空調設備は外周壁沿いに壁をふかして床置き型を隠蔽している。夜はデスクに仕込んだ間接照明で天井が柔らかく照らされるように考えた。
 この別荘のどの階にいても、強い形態をもつ螺旋階段を家族が意識することで、コミュニケーションが取りやすくなったことはもとより、精神的にもつながりを強めることができる別荘となってほしい。

その他の画像: 

設計者

ユーザー 堤由匡建築設計工作室 堤由匡 の写真
オフライン
Last seen: 6日 20時間 前
登録日: 2020-05-09 18:24

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言