【ツナグ・モノリス】

●設計事例の所在地: 
神奈川県横浜市
●面積(坪): 
3
●建物の種類(大分類): 
住宅関連
●メインの画像: 
●メイン画像の説明文: 

2階ベランダとエレベーターホールの様子

●建物の紹介文(依頼者のお悩み・ご希望を叶えるために工夫した点・採用した建材など): 

◾️築45年の診療所併用住宅と地域の街並や環境を維持する建築装置
築45年のRC造、診療所併用住宅におけるエレベーター棟(以後、EV棟)の増築計画です。EV棟は、母屋で暮らす建主の高齢化対策として新設されました。
EV棟の外観は母屋と同化しないようにスレートを下見板張りして“石柱”のような表情を造り、非建築的なスケール感を強調したのに対し、内部は床材や壁の色調、天井仕上げを上下階で区別して、移動の度に場面が切り替わるようにしました。

オブジェでなく、EV棟としての存在意義を持つ建築装置であるから、過剰な形態操作は抑え、母屋との隙間に既存建築だけでは予期できない空間を生み出すこと考えました。例えば、1階診療所の待合にある大窓から見るEV棟を背景に緑と置石を配した坪庭や、周辺建物の高層化でプライバシーを損なった2階ベランダがEV棟と新設した庇により中庭のような場所に再生されたこと、木目調タイルのベランダ床材をエレベーターホール内まで連続させることで、母屋食堂の空間領域を屋外に拡張させたことなどがその成果です。

映画「2001年宇宙の旅」の冒頭で、原始時代の地球に現れた謎の石柱と共鳴した人類が、“道具”を創造するシーンがあります。「モノリス」と呼ばれるこの石柱同様、母屋と共鳴して新しい“空間”を創造すると同時に、地域に対しても街並や環境を維持する装置になって欲しいと考えました。

その他の画像: 

診療所併用住宅2〜3階の住宅部分で生活する建主の高齢化対策として整備されたエレベーター(以後、EV)棟全景。既存母屋(診療所併用住宅:1階診療所・2〜3階住宅 延床面積467.37㎡)との関係

EV棟側面。診療所は敷地面積726.31㎡の角地で、街並に開けた場所にある

EV棟正面。診療所のアプローチに接続する袖壁裏のスロープ通路からEV棟に入る

エントランスのスロープ通路

EVホール1の内観。床はレンガタイル、幕板はモルタル掻き落とし、天井は木格子の上に障子パネル

EVホール2の内観。床は木目調タイル、幕板はアルミ板、天井にトップライトを設けた

スレート板を下見板張りしたEV棟の外観

母屋から渡り廊下とEV棟のホール2を見る。木目調タイルをホール内部まで引き込み、ベランダに面する母屋食堂の領域を拡張している

2階ベランダ。木手摺は室外機の目隠しとティーカウンターを兼ねている

母屋食堂からベランダを見る

設計者

ユーザー DAT/都市環境研究室 野口修 の写真
オフライン
Last seen: 1週 4日 前
登録日: 2023-04-17 01:34

建築家に設計を依頼するメリット・デメリット

 
建築家に設計を依頼しなくても、設計施工を一括で請け負ってくれる業者はたくさんあります。
なぜ、あえて建築家に設計を依頼する必要があるのでしょうか?
建築家に設計を依頼するメリット・デメリットは下記のページをご覧ください。
 
▼建築家に設計を依頼するメリット ▼建築家に設計を依頼するデメリット
 

 

建築家相談依頼サービス・目次

建築家紹介センターでは建物を建てたい方にお近くの建築家を紹介する建築家相談依頼サービスを行っています。
建物について相談・依頼したい方はぜひ、下記のページをご覧ください。

建築家相談依頼サービス・目次
建築家相談依頼サービス・トップページ
建築家相談依頼サービスの流れ
建築家相談依頼サービスの特典
建築家相談依頼サービス・お客様の声
建築家相談依頼サービスの料金
建築家相談依頼サービス・最近の相談・依頼事例
建築家相談依頼サービスのよくある質問
建築家相談依頼サービスの安心安全宣言